Categories

ENDLI お台場ライブレポ2007

June 18, 2007

エンドリお台場ライブ6/17レポ

6/17の“NARA”ライブに行って参りました。
今日も含めて“NARA”ライブもあと3回。
始まる前から客席のボルテージも只ならぬ感じで
Dブロックの後ろも立ち見のオーディエンスで
ぎっしりでした。

3/16の初日からタンク②に通い始めて
今回でちょうど10回目の参戦でしたが
毎回、その時点で今現在ケリーが持ちえる全てのモノを
全身全霊を傾けて表現し、放とうとしてくれることに
感動するばかりの10回だったような気がします。
そしてこのライブの間にもすごい勢いで
色んなモノを吸収し、日々進化していくケリーの
成長速度は目覚しいものがありました。
今、お台場ライブのラストに向かって
益々ステージも神がかり的な雰囲気に包まれてる・・・
そんな感じです。

今回は“NARA”ライブのマイオーラスだっただけに
特別な想いも色々とありましたが
最高に楽しいライブでした。
(↓以下ネタバレ満載ですので御注意下さい)

【6/17セットリスト】(←変更なし)
1.空が泣くから
2. ENDLICHERI☆ENDLICHERI2
3. White DRAGON
4. FISH DANCE
5. インスト
6. 傷の上には赤いBLOOD
7. 宇宙の雨はね 二人で
8. Love is the key. Let it shine.
9. Sparkling(メンバー紹介)
10. 脳
11. Blue Berry(1Chorus)
12. Take U 2 The Rainbow Star
13 .Chance Comes Knocking.
(アンコール)
MC
Rainbow wing

『空が泣くから』
最初からどこまで?と言いたくなるくらいの
天井知らずの澄んだ歌声に魂を奪われます。
「いつかは死んでく我が身に~」と歌ってました。
フェイクの歌詞替えは
キミの涙を 僕に重ねたい
僕の涙を キミに重ねたい
・・・そんな感じでした。
(泣いてて記憶が薄くてすみません)

『E☆E2』が流れて、マザーシップからケリーが登場。
今回のケリーは濃い紫色で上に白いボンボンの付いたキャップ。
ゴールドのジャケットにインナーはグッズのレインボーTシャツ。
柄のスパッツの上にミニのスカート。
(下にはゴールドラメのショートパンツアリ)
ジャケットにミニスカートなので
後姿がちょっとセクシーなOLさんみたい・・・(笑)
それに今日は髪の分け目がいつもと逆でフワフワ♪
スカートのせいか、動きが全体的に可愛かったです(〃▽〃)

『傷の上には~』の前のインストでの
ケリーのボイスチェンジャー越しのラップがカッコいい!!

『傷の上には~』
間奏の時に先生がクルッと回りだして
それを見たケリーもクルッと回転して、しばし回転の応酬(^^ゞ
ケリーの回転がまたカッコいいんです(≧▽≦)
そして間奏のラストにはケリーが“よく出来ました”と
言わんばかりに先生の頭を後ろから抱え寄せて
ご褒美の“チュ~”(笑)(←先生崩壊)
ジャンプも一体感があってめちゃめちゃ盛り上がりました。
この曲はセットリストの中でも特に大好きな曲なので
終わってしまった時にはジャニ友さんと2人で
「もう1回アンコールしたい!」とこっそり
叫んじゃったくらいです(^^ゞ

『宇宙の雨はね 二人で』
本当にビックリするくらい甘くて綺麗な声。
聴けば聴くほど思うんですけど
実は1番剛くんらしい世界観を感じられる曲なのかも。

『Love is the key. Let it shine.』
シンプルなフレーズをリフレインするだけの曲ですが
赤い照明の中、アコギをかき鳴らして
シャウトするケリーに釘付け@
時折乱れた髪をかきあげたり、右手で指示を出すケリーが
ヤバいくらいにセクシーで男前です(〃▽〃)
この曲も1週間前より確実に進化してますね~。

『Sparkling』(メンバー紹介)
ドラムセットに移動したケリーは
叩くとスティーブの声で「Welcome!」と音の出る楽器を
最初立ったまま叩いて、音の出るのに合わせて
ケリーも「Welcome!」と言ってました(笑)
ドラムを叩いてる時は笑顔いっぱいで
本当に楽しそうなケリー。
最後は立ち上がって叩いてくれました。

そして今夜もケリーから
「皆さん・・・妖怪を見たことがありますか?
これから妖怪が出てきます」と紹介されて
バクちゃんが登場(笑)
またもやマイペースにケリーの超アップやお尻を
撮りまくるバクちゃん(^^ゞ
更に片膝ついてケリーの手をエスコートするように
恭しく取って撮影(←マニアだ・・・笑)
撮影中にはよく「彼女と一緒にいるみたいな表情して」
と言われて手を繋がれて撮影されるんだけど、
「実際はこんな状況で撮ってるから、人から
見られたくない(笑)」とケリー(笑)

あとバクちゃんが客席に降りて行く前に
「バクちゃんに撮られたくない人は
“エロイムエッサイム エロイムエッサイム”と唱えて下さい。
“エロイムエッサイム”と唱えれば
悪魔くんが助けてくれる筈。
いや・・・悪魔くんじゃなかったかな? 」とケリー。
(それは“魔界転生”と心の中で突っ込んでた私です・・・笑)

『CCK』の前には
ケリーが「皆、FUNKしておじゃるか?
これからも長いからね」と・・・(笑)
最初はここから15分くらいだったのに
今ではMAXで40分超えちゃうらしい(^^ゞ
先日も散々盛り上がってステージから引き揚げると
「剛さん、時間はちゃんと守って下さい」と怒られちゃったらしく
「あとで怒られちゃうんだぁ~」と可愛く言ってました。
(でもあんまり懲りてないでしょ?笑)

『CCK』
チャカさんのジャンピングシャウトに
座り込んでウケまくってたケリーですが
チャカさんと客席からの『CCK』コールに応えて
シャウトロンダードを華麗に披露!!!
ロンダードする前のシャウトも手抜きナシの渾身のシャウト♪
1回目のあと、再度客席からのコールに応えて
「体力的に・・・後1回しか出来ない」と言いながらも
2回目のシャウトロンダードをやってくれました。
(タンク②初のロンダードに大興奮★)

そして何やらステージ(向かって)右端にある
備え付けのスポットライトの前に行くと、
そのライト相手に戦ってるケリー(←意味不明@)
上を向けてもすぐ元に戻るので、ライトが顔に当たる度に
目をギュッと瞑って眩しそうにする姿が
イラッ#とするくらい可愛かったです(笑)
あとでわかったんですけど、どうやら
ロボット(←ライト)から地球を守ってたらしい(^^ゞ
「ロボットが現れたら、いつでも僕を呼んで下さい。
僕が地球を守りますんで!」と宣言しつつも
「僕は28歳だけど、中身は小学1年生」と
自分で言ってウケてました(笑)

今日は先生を初めとして(←たぶん1番)
ケリーも名越さんも弾けちゃってる感じで
ギターバトルの時にはアンプ(?)に3人で
並んで座って順番を入れ替わってみたり
先生、ケリー、名越さんと縦に1列で並んでローリング★
(↑グダグダなエグザイル状態?笑)
そのあと3人で腰をかがめてアヒルのように行進(笑)

低い段から先生とケリーが交互にジャンプすると
客席からの「スカートなのに大丈夫?」みたいな
視線をケリーが感じたのか
客席にお尻向けるとスカートを両手でずり上げて
ゴールドのラメパンツを思いっきりぷりっと見せて
してやったりとばかりにニヤリ(爆)(←小悪魔め~笑)

あとチャカさんとスティーブがスキャットから
なぜか「あっはっはっ」と笑い声でバトルになって
どんどんエスカレートしてバトルしていく様子を
アンプ(?)に座って見てたケリーが
マジウケして右足をドタバタさせながら
笑い転げる姿が最高に可愛くてツボでした(≧▽≦)b


そしてスカートだから一本締め?という
多くのオーディエンスの予想を裏切って
まず先生の先導の元に全員で3回のかしわ手を打って
神様が降臨するための“降神(?)の儀”。
そのあと「皆様の健康を祈願いたしまして・・・」と
ケリー先導の元に厳かに2礼2拝1礼。
最後は皆でジャンプして“昇神の儀”。
もうすべてが神がかりです(笑)
「愛してる」も散々肝心なところにくると
先生のギュイ~ンというギター音に邪魔されるんですが(笑)
3回目にようやく「あ・い・し・て・チュッ」としてくれて
颯爽とジャンプをキメてくれました。

アンコールのケリーコールでは
客席に居た、たぶんアッキー(MA)だったと思うんですが
盛り上げてくれて、アッキーを中心として
ものすごい一体感のあるケリーコールでした。
アッキー、実は『CCK』の“ハイヤー”でもかなり目立ってて
「可愛い子だけで~」でもガンガンにやってました(笑)

ラストのMC。
「みなとみらいの時は何だか足が地面にしっかりと
ついていないような・・・
足を伝わってくる感覚がまだなかった。
でもここお台場でやらせてもらうようになって
様々な(騒音とか)アプローチがあって
中々、集中するのが大変なときもあるけど
しっかりと足を伝わってくるものがある。

僕が18歳の頃に知り合いの30代の男性の方から
「君は幸いなことに、もう仕事もしてるし、収入もある。
だから御両親に買ってあげたいものがあったら
買ってあげたらいい。
僕は仕事をしてちゃんと収入を得るようになった時には
もう買ってあげたくても親はこの世には居なかった。
後悔しないように、たくさん親孝行をした方がいいよ。」
と言われたことがあって
それから親孝行をしようと思うようになった。
皆さんもいつか来る別れの時に後悔しないように
親孝行もしてあげて下さい。
そして自分の周りの大切な人に
愛してることをちゃんと伝えて下さい。

今日も泣いている方がたくさんいらっしゃいますが
人の身体は元々、かなりの部分が水で出来ているし
昔から人は水とは深い“縁”でつながっているので
素直に涙を流して感情を外に出すことは
悪いことじゃないと思います。
でも僕は何だか泣けない状態が
ここ最近ずっと続いています。
なぜなのかはわかりませんが
泣きたいような時があっても泣けなくて・・・。
皆さんはそうならないようにしていただきたいと
思いますけども・・・。

E☆Eは“愛を信じるという行為”ですが
その中に皆さんも入ってきてもらって
皆さんも全部含めてE☆Eと呼びたい。
E☆Eは愛の呪文。
E☆Eという愛の呪文を唱えながら
みんなで素敵な人生にしましょう。」
(↑ほんの一部ですがニュアンスで捉えて下さいませ)

『Rainbow wing』
この曲を聴きながら
早くも亡くしてしまった自分の親のこととか・・・
ケリーが生きててくれて本当によかったとか・・・
色んな想いがこみ上げてきて
涙が止まらなくなってしまいました。
最後の瞬間までケリーの歌声は素晴らしかったです。

―Ending―
マザーシップに乗り込むと両手で投げキッス♪
深々とお辞儀した後、たくさん手を振ってくれて
また深々とお辞儀をしてケリーは去っていきました。

本当に素敵な時間を過ごさせていただきました。
どうかオーラスまで
タンク②が優しい愛で包まれますように・・・。
ケリーが笑顔で愛を放てますように・・・。
長いレポを読んでいただいてありがとうございました。
次回は6/25日のイベント“HIGHER”に参戦予定です(^^ゞ

June 11, 2007

エンドリお台場ライブ6/10レポ

6/10のライブに行って参りました。
もう席についた時から、その距離感の近さに
心臓はバクバク、アドレナリンも出まくりで
昨夜は自分でもすごいことになってましたけど
とにかく至近距離で見たケリーは
しびれるくらいにカッコよかったです!!
本当にウットリするくらいの綺麗なお兄さんでした(〃▽〃)

歌声もマイクを通した声だけじゃなく
同時に聴こえてくるケリーの生の歌声を
間近で体感出来たことに、ものすごく感動しました。
もう鳥肌モノなんて言葉じゃ足りないくらい
パワーと愛に満ちた歌声♪
さすがにケリーをガンミ状態でしたので
脳内ハードディスクもフリーズしてますけど
思い出しレポをさせていただきます(^^ゞ
(↓以下ネタバレ満載ですので御注意下さい)

『空が泣くから』
オープニングの映像が流れたあと
幕の向こうを目を凝らして見つめていると
Rainbow仕様のマイクスタンドの前にケリーの姿が・・・。
スモークの煙がケリーの身体のラインに沿って
立ち昇っていくのが、本当に龍の化身のようで
とても神秘的な感じ。
時折、天を仰いで何かを願うような
切ないケリーの表情に思わず見入ってしまいます。
「潤った口で」のところで唇を撫でる指先が
めちゃめちゃセクシーでやられました(≧▽≦)
今回の歌詞替えはすごくメッセージ性に溢れてました。
(↓全部は覚えていませんが、印象に残った言葉だけ)

僕の愛が誰かを苦しめる
誰かの愛が僕を苦しめる
どうして人は 愛するのかな?
お願い 教えてよ  神様
愛は複雑なギター
愛があるから 愛をこぼしたい
愛を 愛を 愛を・・・

マザーシップから登場したケリーのあまりのカッコよさに
目まいがして倒れそう@(←血圧急上昇↑↑↑)
昨日も書きましたが本日のケリーは
ベージュのキャスケットにゴールドのジャケット。
インナーは(グッズじゃない)レインボー柄のTシャツ。
柄の紫スパッツにゴールドのショートパンツ。
腰には黒のレースのショールを巻いてました。
靴はアディダスのボクサーシューズ。
実はこのショートパンツがまるでビキニライン▼の
ような配色でかなりセクシーでした(^^ゞ

深いVカット胸元にはマザーシップのような
蛍光のピンクオレンジでペインティング(真ん中に目アリ)
あとは両目の端の上下にも白とピンクで
(ちょっと舞妓さんメイクみたいな・・・)ペインティング。
鼻もセンターに沿うようにスッとしたラインアリ。

『White DRAGON』
「君の愛」で右手の中指をまげた感じで、指を立てて
軽く挑発するケリー♪
「落とせ真ん中へと」では、左手で作った輪に
右手の人差し指を下からゆっくり入れてました。
(これがまた何ともいえず妖しい感じ・・・笑)

『傷の上には~』の前のインストでは
スキャットを口ずさむスティーブのウィッグの毛を
弄ぶケリー(^^ゞ
リズムを身体で感じてノリノリでステップを踏む姿が
めちゃめちゃカッコよかったです!!

『Love is the key  Let it shine』
1週間前に初披露された時からすると
また一層進化した感じになっていてビックリ★
特に「Let it shine」と力強くシャウトしながら
リフレインするケリーのパワーがすごくて
うねるようなグルーヴを感じました。

『Sparkling』
ここではケリーと何度も目が合って
もう死んじゃいそう~(≧▽≦)
本当にピュアで綺麗な目にジッと見つめられると
すべてを見透かされてるいるようでズキドキしました@

今日はケリーのドラムも
自然に演奏に溶け合ってるような感じで
かなり一体感のあるセッションをたっぷりと堪能♪
長いセッションだったんですが
ドラムセットから降りてきたケリーは
しっかりリストバンドの上にしてた腕時計を見て
時間をチェックしてましたよ(^_-)b

その後、ベースを弾きながら腰でリズムを取ってたんですが
ついそのお腰様に目が釘付けになった私です(笑)←殴

四銃士では竹内さんがギターのネックを振るところで
ケリーと一緒にしゃがんでしまい
2人して顔を見合わせて思わずニッコリ(^_^)
その時のケリーの笑顔が可愛くてトロケそうでした♪

『Blue Berry』
ジャンプの回数でわざとウソをつく時に
飛ぶ前からニヤッとしてる小悪魔ケリー(笑)
ギターを抱えたままのジャンプでもとっても軽やか~。

そして今日はハナちゃんが登場★
バクちゃん遭遇率は高かった私ですが
ハナちゃんにようやくお逢い出来たので、嬉しかったです!!
ちなみにハナちゃんは赤いメッシュのアメフトシャツに
白のショート丈のスパッツ。
頭には△くんをつけていて
「△くんの分まで頑張る!」と小声で仰ってました。
ちなみに赤のメッシュを見たケリーは
「俺のが透けてるけどね」と(笑)(←確かに!笑)

『CCK』
ケリーの指示によるメンバーの演奏では
スティーブのスキャットが炸裂★
その様子を見ながらケリーもクスクス笑ってました。
「Love me ケリー」の時に、ケリーの後ろで
手で小っちゃくハートを作ってた先生が
なんか・・・可愛かったですね~(^^ゞ
「Kiss me ケリー」では今日は両手を使わずに
口をとがらして軽く“チュッ”(←それでも昇天@)

ケリーに見つめられながらのハイヤーは
いつになく緊張しましたけど、頑張りました(笑)

ジャンプ前のMCでは
「ライブ前に激しい雨が降ってたけど・・・
たぶんあれは、僕のせい」とケリー。
空にお願い事をしたらあんな雨が降ったらしく
お祈りして「エイッ!」てやったら
思ってた以上に雨が降ってきちゃったそう(笑)
「ちょっとでよかったんだけど
すごい降っちゃって・・・ごめんなさい」と。
でも最近は頭の中にこうしたら降るっていう
ビジュアルが浮かんでくるようになったとか(^^ゞ
「但し、メディアにこれを言うと
変な人って思われますからね?(笑)
言わないようにしてるんですけど・・・。
まぁ・・・実際変なところもありますけど(笑)
でも本当にみんなの祈りが天に通じれば
また雨が降ってくるかもしれないよ?
(ここで本当に雷が鳴って)
ほら~今も雷が鳴ってるし」とケリー。

そして「あ・い・し・て・る・じょ」と囁いて
華麗にジャンプ★

本編終了ではける前に
「今日でタケはラスト。さっきトイレに行ったら
うっ、ぐっ、ぐすん、ぐす・・・って(←泣きマネしてます)
タケが泣いてるのが聞こえてきた」ってケリーが言うと
慌てて近づいてきて否定する竹内さん(^^ゞ
「それはウソやけど(笑)
でもさぁ~もっと何か他に言うことあるやろ?
今朝も普通に入ってきて~(笑)」
と竹内さんを指差しながら言ってました。

アンコールのケリーコールに再び登場。
コールの間にケリーは外を見てきたらしく
「惜しいね~。もうちょっとで降りそう。
もしかしたらこの後、歌の途中とか
みんなが帰りの時に降るかも?
まぁ、でも1番個人的にFUNKなのは
皆さんが寝てる間に降って
「そう言えば、雨降ってたよ~」って
朝、家族からのnewsで気づくことだよね(笑)」だそう(笑)

ラストのMC・・・
「僕は18歳の頃、死にたいと思ったことがあった。
でもそんな時に助けてくれたのが
実は1番会いたくなかった人だったり・・・
家族の愛だったり、やっぱり人の愛だった。
僕は人から見られるのが苦手で
昔は人の視線を浴びるのが怖くて仕方なかった。
けれど今はそんなことなくて
愛を持って見てくださってるんだなと感じられる。
生きてて本当によかった。
もし生きていなかったら、こうしてステージに立って
皆さんともお会いできなかったでしょうし
本当に皆さんのお陰で僕は今、生きています。

こんなに毎日たくさんの方がE☆Eの音楽を聴くために
集まって下さることがすごいと思う。
確かに地方や色んなところに場所を移して回れば
人は集まりやすいということもあったりするのかも
しれないけれど、
同じ1つの場所でずっとやって
こんなに毎日、たくさんの方が来て下さることは
本当にありがたいことだと思っています。

僕自身もまだまだ人を信じきれてない部分もあって
だからこそ愛を信じるという行為を
これからも諦めずに続けていきたい。
例えば、ムカつくことを言われたり
愛の無い言葉をはかれたりした相手にも
「なんやこいつ!」と思ってしまうことは簡単だけど
2~3日経ってから、「僕はこういう風に思っています」と
ちゃんと自分の想いを伝えるようにしています。

皆さんもここで愛を信じるという行為に触れて
少しでも何かを感じられたら
どうかあなたの近くにいる大切な人の手をにぎって
愛してるとちゃんと伝えて下さい。
色々と生意気なことを言ってすみません。
でも決して押し付けている訳ではなく
僕がトンと背中を押す、きっかけになればと・・・。
あくまで答えは自分の中にあると思っています。
僕をきっかけに使って下さい。

今日は本当にどうもありがとう。
みんなで素敵な人生にしましょう。」
(↑記憶のみですのでニュアンスで捉えて下さいませ)

『Rainbow wing』
今日は泣かないつもりだったんですけど
ケリーのMCで涙がこみ上げてきて
やっぱりこの曲を聴きながら泣いてしまいました。

最後は深々と頭を下げ投げキッスをして
ケリーはマザーシップで去っていきました。

今更ですけど・・・
常にリズムを身体で刻んで、ステップを踏んだり
色んな状況に細かく目を配りながら
それでいて歌と演奏もフルパワー。
まさに毎日、全身で愛を放ち続けるケリーは
本当にすごい人だと思います。
MCでの声は若干ハスキーで疲れてる感じなのに
どうしてあんなに歌声は一点の曇りもなく
どこまでも突き抜けるように伸びるんでしょうね~?

夢のような3時間・・・頭の芯がしびれるほど
今回は完全に振り切って楽しませていただきました(^^ゞ
でも振り切りすぎて、まだ月曜なのにも関わらず
抜け殻と化して使い物にならなくなってますけど(苦笑)

いよいよライブも残すところあと5回。
次回の参戦予定日6/17はマイオーラス。
その日が来て欲しくないような複雑な気分です。

★KinKi Kids10th記念アルバム『39』7/18リリース★

        
(初回限定盤DVD付15%OFF)      (通常盤)

June 04, 2007

エンドリお台場ライブ6/3レポ

3週間ぶりにタンク②に行って参りました。
今日はジャニ友さんたちと中目黒で
まったりとランチをしてからタンク②に行ったので
残念ながらNEWグッズは買えませんでしたけど
レインボーのTシャツ(\6000)はケリーも着ていて
とっても可愛かったです♪(←ケリーだと可愛さ倍増★)

とにかく今夜は新曲も含めて、ケリーの魂のメッセージが
タンク②中をすっぽりと包んで、激しく心を揺さぶられました。
もう『空が泣くから』からウルウルしちゃってたんで
脳内ハードディスクも壊れ気味ですけども
思い出しレポをさせていただきます(^^ゞ
(以下↓ネタバレ満載ですので御注意下さい)

【6/3 セットリスト】
1 空が泣くから
2 ENDLICHERI☆ENDLICHERI2
3 White DRAGON
4 FISH DANCE
5 Inst
6 傷の上には赤いBLOOD
7 宇宙の雨はね 二人で
8 Love is the key (仮タイトル)
9 Sparkling(メンバー紹介)
10 脳
11 Blue Berry(1コーラス)
12 Take U 2 The Rainbow Star
13 Chance Comes Knocking
(アンコール)
MC
Rainbow wing

オープニングに宇宙の映像が流れるんですが
スクリーンに映し出される言葉がいくつか変わっていて
「愛を信じるという行為を・・・」みたいな言葉に
なっていました。

『空が泣くから』
何かがふわっとケリーに舞い降りてきたような
優しくて温かい・・・
それでいて心の奥底に入り込んでくるような歌声。
ラストの歌詞替えは(↓こんな感じだったような?)

命が消えて 気づくは命
愛が崩れて 気づくは命
血液流れ  気づくは命
涙流れて  気づくはあたし
僕の宇宙には 愛があるから
君の宇宙にも 愛があるから
僕の使命は  何があるかな?
君の使命には 何があるかな?
この身体は 生きて生きてる
歪んだ世界で 愛に生きてる
生きてく 生きてる
生きてく 生きてる
愛で 愛で 愛で

そして『E☆E2』が流れて
マザーシップからケリーが神々しく登場。
本日のケリーはゴールドのジャケットにベージュのキャスケット。
インナーはグッズのレインボーTシャツ。
ピンクのラメパンツにブラックシルバー(?)のストールを
スカート風に巻いて左腰で蝶結びにしてました。
(ケリーが着てると益々、グッズのTシャツが欲しくなる~笑)

『傷の上には~』の前のインスト曲では
スティーブの白いウイッグを後ろから弄ぶお茶目なケリー(笑)
でも(回し蹴り風の)ステップを踏んだりして
ノリノリな感じのケリーがめちゃめちゃカッコよかったです!!

『Love is the key』(仮タイトル)
赤の帯状のライティングの中・・・
ケリーがアコギを掻きならしながら「Love is the key」と
同じフレーズを繰り返し放つように歌います。
後ろのスクリーンにも
「Love is the key  Let‘s it Shine」の文字。
殆んど「Love is the key」の繰り返しで
途中で「Let‘s it shine」とシャウトする感じ。
曲は『CCK』とはまた違う・・・
ストレートなFUNKロックかな~?

これはあとのMCでケリーが話してくれたんですが
2週間前くらいから、考えさせられるような
色んな悲しい事件をnewsなどで見たり聴いたりして
何か今、自分に出来ることはないかと考えて
今日、急遽リハーサルしてセットリストに入れることを決めたそう。
ストレートに自分の気持ちを放ちたいと思って
あえて1コードにして、Loveという言葉に想いを込めた・・・とか。

新しい試みだっただけに
時折歌いながらケリー自身が手でバンドの演奏の
音のボリュームを上げたり、下げたり指示するのが
また何ともいえず男前な感じでステキでした★

『Sparkling』
以前はショーコさんのドラムを叩いてましたが
今回はスティーブのパーカッションセットの横に
ケリー専用のドラムセットがアリ♪(←ついに!笑)
本当にドラムを叩いてる時のケリーはイキイキと楽しそうで
めきめきドラムの腕も上達してる感じがします(^^ゞ
ちなみにドラムを叩いてる時に
スティーブにミニ扇風機の風をあててもらうケリーが
とっても可愛かったです(笑)

あっ!そうそう!
ドラムやベースとかなり自由に
演奏を楽しんでいたケリーですが
途中でチラッと腕時計に目をやってたのを見て
その辺はちゃんと意識してるんだな・・・と
今更ながらにさすがだなって思いました。

『脳』
初日に聴いた以来の『脳』でしたが
かなり進化してステキな感じにバージョンUPしてました。
優香ちゃんとTAMAちゃんの手の振りもアリ★
ケリーの英語の歌詞の歌い方が最高にカッコいい!!

・・・と『脳』がギター演奏しながらなので
そのまま『Blue Berry』でもケリーはギターを持ちながら
ダンスしたり、ジャンプしたりしてました(←それもステキ♪)
間にギターを持つ時間が入らないということもあって
『Take U 2 The Rainbow Star』まで一気に
会場のボルテージを高めたままいく感じ♪

そしてケリーに紹介されて、今夜もバクちゃんが登場。
オーバーオール姿のバクちゃんに
「可愛いね~。意外と似合ってるよね(笑)」とケリー(笑)
出てくるなりケリーの汗を赤いハンカチで拭くバクちゃん(^^ゞ
今日も接写で写真を撮りまくるバクちゃんに
「もう~何枚とるん?(苦笑)」とケリーが言うと
バクちゃんが「カッコいい~」とつぶやきながら
今、撮った写真を(カメラで)ケリーにすぐ見せると
「おぉ~いいね~!・・・ってさぁ~
こういうのは楽屋でやろうよ?(笑)」とケリー。
すると、また写真を見せられて
「んっ?おぉ~いいね~!・・・って、だからぁ~
見せられたらこっちもまた「おぉ~カッコいいね~」って
言っちゃうから!(笑)ちゃんと仕事しろよぉ~」とケリーが言うと
またバクちゃんが写真を見せるの繰り返し(笑)

更にケリーを斜め後ろから撮ろうと
バクちゃんが足を広げて座ると
「またそういうポーズすると(服が)破れるよ?」とケリー(笑)
すると・・・挑発するようにそのまま前屈するバクちゃんに
「意外に柔らかいんだよね。
ムカつくくらい体が柔らかいんだよね!」と
本日もケリーとバクちゃんとの楽しいやり取りでした。

ちなみにケリー曰く、客席に降りたバクちゃんは
「本人的には全力疾走してるけど、周りから見たら
ウォーキング程度にしか見えない」そう・・・(笑)

『CCK』では
チャカさんがやってたジャンピングシャウトに
(←マイクを身体から離してジャンプしながらシャウトする)
かなりウケたケリーがあとで再度「チャカ。ジャンピン!」と
リクエスト(^^ゞ
ケリーも披露してくれたんですが
ケリーのジャンピングシャウトは2回目のときに
ターンが入ってて、すごくカッコよかったです!!

あと途中でケリーの指示による(←指示する姿に惚れ惚れ)
メンバー1人1人の演奏の見せ場があったんですが
いきなりって感じで、しかも終わったと思ったら
また同じ人にケリーの指名が来たりするので大変(笑)
下神さんなんて4回も連続で御指名ですもん(苦笑)
りんこさんも終わったと思ったらまた指名がきて
若干焦ってたような?(^^ゞ
でもどの方も素晴らしい演奏でした♪
優香ちゃんのエレキギターもかなりカッコよかったです★

それから「今日はものごっつ・・・楽しいね~」とケリー。
「まるで七福神が降りてきたみたい」だとか(笑)
ステージにこうして立ってると、今日は自分だなって思える日と
まるで誰かが乗り移ってるかのような日があるそうで
「今日は誰かが乗り移ってるみたい・・・」とケリーが言うと
客席から「誰~?」との声がかかって
「円広志か、やしきたかじんか・・・浜村淳じゃない?(笑)」と(笑)
更にもう1回しみじみと「楽しかったな~」と言ってました。

そのあと、急にわざと咳き込んだ振りをして
「愛してる」を言おうとするんですが、急に照れちゃって
「んふふ・・・」と笑い出して一旦中止(笑)
再度、気を取り直して「皆のこと・・・愛してま・・・ぷ!」
(←なぜ“ぷ”?笑)と叫んで華麗にジャンプ★
(そう言えば、巻きスカートはいつの間にかなかった・・・)

本編終了でバクちゃんに写真を撮られながら
一旦ステージを後にしますが
ケリーコールの熱さにあまり時間を置かずに「ウィ~」と再び登場。
ここでも出てくるなり
「楽しいね~。今日はものごっつ面白かった」とケリー。

そしてラストのMC。
「最近の悲しい事件とかを耳にする度に
その子はその後どうしたんだろう?
その子に愛を与えてくれる人はいるんだろうか?とか
大きくなった時にちゃんと人を愛することが出来ればいいなとか
つい色んなことを考えてしまう。

僕も昔、死にたくて死にたくて仕方なかった。
息をするのが苦しくて、吐き気が止まらなくて・・・。
でもそんな僕の症状をわかって
助けてくれようとした人がいた。
今度はその人が同じような症状になったことがあって
僕が助けてあげたいと思った。

自分もそんな経験をしたからこそ
今辛い状況にいるのかな?っていう人を見つけてしまう。
顔を見ただけで目に留まって、何となくわかってしまう。
僕はちゃんと理由を見つけられて、くい止められた。
もう今は強くなった自分が、そんな過去の経験を生かして
そういう人の力になりたいと思う。

こんな時代だからこそ、“愛を信じるという行為”を
このタンクという1つの場所で放つことを決めた。
ワガママなことかもしれないけれど
ずっと同じ場所で放つことに意味があると思った。
毎日こうして何かを全力で放つことは大変だけど
やりとげたいと思う。
ただ今日も僕が投げたものを受け止めてくれる人が
例えば0人かもしれないし・・・全員かもしれない。
でもここで何かを感じてもらえて、1ミリでも前進する
きっかけにしてもらえれば・・・と思う。

今日もどうしようもなく辛くなった方は
どうぞその想いをここに置いていって下さい。
僕がその想いを全部集めて、また“愛”に変えて放ちますから。
遠慮なく置いていって下さい。
今日は大切な自分の時間を割いて足を運んでくれてありがとう 。

皆さんもどうか街で僕を見かけたら
普通に声をかけてください。
僕も普段は普通の人間だし、何も変わらないですから。」
(記憶のみですので、ニュアンスで捉えて下さいませ)

『Rainbow Wing』
ケリーも言ってましたけど
色々と愛のないことを言われたりして
時には折れそうになるけど、虹の翼をまとって
高みを目指して飛んでいくかのような
魂の篭った素晴らしい歌声でした。

今日はMCで、昔の苦しかった頃の話をする剛くんに
今、生きててくれてありがとうという気持ちで
いっぱいになりました。
昔、コンサート中に苦しそうな剛くんを見て
どうすることも出来なくて辛かったこととか
色んな思い出がぶわ~っと甦ってきて
最後は涙が止まらなくなりました。
本当に生きててくれてよかったです。

今日のライブが終わって、あと8回。
無事にケリーが愛を放てますように・・・。

次回の参戦は6/10の予定です(^^ゞ

May 14, 2007

エンドリお台場ライブ5/13レポ

今回はジャニ友さんと私の取れたチケットの関係で
たまたま2日連続のタンク②参戦となりましたが
12日は穏やかでキュートなケリー
そして13日はセクシーでカッコいいケリーと
本当に楽しい時間を過ごさせていただきました!!
もう脳内ハードディスクもかなり壊れてますけど(笑)
12日のことも交えつつ・・・
13日の思い出しレポをメインにさせていただきます(^^ゞ
(↓以下ネタバレですので御注意下さい)

『空が泣くから』
サビにいく前の間奏の部分で
ケリーの周りを白い霧のようなものが包み・・・
そこから白い龍が立ち昇っていく演出があるんですけど
まるで本当にケリーが龍の化身となって
天に帰って行ってしまうようで、切なくなります。
今日も歌詞替えがあって
「僕の胸には愛があるから
君の胸にも愛があるから
僕の、 君の、 愛の答えは
きっと胸の宇宙の中にある」
フェイクもシャウトも伸びやかな歌声で
体中が震えるほど素晴らしかったです。

『E☆E2』が流れて、客席の大拍手と歓声の中
マザーシップからケリーが煌びやかに登場★
今日のケリーはゴールドのジャケット(最初だけ)に
深く胸元がVカットに開いた黒のタイトなトップス。
蝶柄のシースルーのボレロ。
オレンジゴールドのピッタリしたパンツに白のブーツ。
あと髪にはゴールド(?)のニットのターバン。

とにかくタイトでノーブルなケリーのセクシーな
胸元とお尻に釘付けでございました( ̄▽ ̄〃)
たぶん今日はセクシーフェロモンが3割増だったと思う(笑)

ちなみに蝶柄のシースルーのボレロですが・・・
たぶん昨年のケリー表紙の「オリスタ」(7/10号)で
着用してたものじゃないかなぁ?

『傷の上には~』の前に
スティーブの声をケリーがマイクで拾う時には
マイクをゆる~く回してわざと声を拾いにくくする
お茶目なケリー(笑)
『傷の上には~』の間奏部分ではケリーが
先生の頭を左手で引き寄せて、ほっぺに優しく“チュー”♥
先生・・・もちろん腰砕け(笑)←会場騒然@

『宇宙の雨はね 二人で』
今回は特によかった気がします。
ケリーの声が甘くてとってもロマンチックでした♪
タンク②で生歌を聴く度に好き度が増していく曲です。

『ソメイヨシノ』
ミディアムテンポにアレンジした『ソメイヨシノ』を
ギターを弾きながら歌ってるんですけど
このアレンジVerがとにかくいい!!
(アルバムにタンク②Verとして収録して欲しいくらい)
ちなみに『ソメイヨシノ』を歌う前にターバンを取って
髪を右手でグシャグシャっとするケリーが
めちゃめちゃカッコよかったです(≧▽≦)

『Sparkling』
今日もギターソロのあとドラムを披露してくれたんですけど
昨日はリズムを叩くまでちょっと音で遊んでましたが
今日はすんなりドラムを叩いてました。
昨日とはまたリズムが違っていて
音がCOOLでとってもカッコよかった♪
口にピックを銜えたままドラムを叩く姿がたまんないです!!
ドラムもどんどん上達してるし、進化してる気がします。
ドラムを叩き終わったあとも素知らぬ顔で
髪を触りながらセンターに戻っていくケリーの表情が
とっても男前でした( ̄▽ ̄〃)b

四銃士ではケリーがベースのネックを振るところで
名越さんに一瞬当たりそうになってヒヤッとしましたが
お互い顔を見合わせてニッコリ。
なんだかとってもいい雰囲気で微笑ましかったです。

そして今日も△くんと一緒にバクちゃんが登場★
昨日はケリーに地味だと言われたせいか
今日は赤いアロハシャツに緑のキャップで派手なバクちゃん(笑)
でもケリーには「若く見えねぇ~」と言われてました(^^ゞ

またもやケリーの背後からばかり写真を撮りまくるバクちゃんに
「バクちゃんは背中を取るの好きなんですよ~」と
ケリーが言うと、すかさずバクちゃんがケリーの耳元で
「お尻も♪」と付け加えて、お尻を撮りまくりでした(笑)
そのあと「手も♪」と手も撮ってましたけどね(^^ゞ
(バクちゃん・・・好きなとこが私と同じだわ~笑)

そのあとバクちゃんと△くんが客席に降りる時に
「みんな大丈夫?テカッてない?
目尻の横とか・・・小鼻の周りとか大丈夫?
もしバクちゃんに写真撮られたくない人は
鼻膨らませたり、一重を二重にしたり・・・
二重の人は奥二重にしてみたり・・・(笑)
もし写ってても“自分じゃないですよ” と言えるくらい
顔を変えてみて下さい」とケリー(笑)
気が付いたらバクちゃんが目の前にきて写真を撮っていたので
もしかすると私達も撮られたかも?(^^ゞ

『CCK』では昨日もそうだったんですけど
かなり長くケリーがスティーブのパーカッションで遊んでみたり
ホーン隊の横にある大きなドラ(?)を
まるで野球のスイングのように叩いてみたり・・・と
自由にグルーブを楽しんでいました。

ラストのジャンプの前には
「ツミ達のことを・・・ツミ達のことを・・・」と(笑)
何回も繰り返してから「愛していましゅ」と華麗にジャンプ。

本編終了で手を振りながらほとんどはけた状態のケリーの
腕を引っ張ってきて
またもや写真を撮ろうとするバクちゃん(^^ゞ
ピースサインで客席をバックに写真を撮ってました。

やがてアンコールのケリーコールに呼ばれてケリーが登場。
いきなり「ハイッ!」って返事するケリー(笑)←可愛い~
「何を話そうか?」というケリーに
「母の日!!」と後方ブロックのオーディエンスが
かなり騒いでたんですけど(←正直うるさかった#)
さりげな~くボケた感じで
「えっ?痴漢?騒ぎすぎでしょう~(笑)何よ~?
ちょっと君達、お酒飲んでるんじゃない?
僕は素面でやってるっていうのに、お酒飲んでるの?」と
さらりとかわすケリー(←上手いなぁ~)

でも勢いが止まらなくて次から次へとかかる掛け声に
「フィルインみたい(笑)フィルイン症候群だね!」と
口と身体の動きでドラムのフィルインのリズムを
再現してくれたりして楽しかったし、色んな意味で
さすがだな・・・と感心しました。

ちなみにお母様へのプレゼントは“バック”だそうで
お母様が欲しい・・・というバックを
只今、お取り寄せ中だとか♪(本当に優しいですね~)

今日は前列席にケリーのお母様と同じくらいの年齢の方が
いらしたそうで、 その方が『傷の上には~』で
楽しそうにずっとジャンプしてる姿を見て
「僕の母とダブってしまって、この辺が(胸)じぃ~んときて
何だか切なくなってしまった」とケリーが言ってました。
その「切なくさせよってからにぃ~」という言い方が
本当に切なそうでキュンとしました。

あとレコード会社のアンケートで(オリコンかな?)
E☆Eに“興味を持ってる”男性層がかなりいるということが
わかったので、そこを“興味”→“買う”に持っていく
マーケティングというか戦略を考えたらすごいことになるよね?
みたいなことも言ってました。

その話の流れで「男性限定ライブもやりたいんだよね~」と
ケリーが言うと、女性客から「え~っ!」とブーイング(苦笑)
すると「でもやることは今と変わらないよ?
変わるとしたらせいぜい・・・僕の髪の分け目が
こっち(左)からこっち(右)に変わる事くらい(笑)
あと・・・話し方が“じゃけぇのう~”になるくらい?
カウントの取り方がワン、ツー、スリーじゃなくて
1、2、3・・・か、ずっと・・・1、1、1か
せいぜいそのくらいよ?(笑)」とケリー(←何ゆえ広島弁?笑)

それでも納得のいかない女性客に
「じゃ~男装してきてください!
でも男装してきても、その時は入口で背広を着た
姿三四郎が厳しくチェックしてると思いますんで(笑)」と
姿三四郎のモノマネを地味~にやるケリー。
(背広に姿三四郎ってどっちも古っ!・・・昭和だわぁ~笑)

そんなことを話しつつもラストは真摯に“愛”を説くケリー。
「嫌なこととか辛いことは全部ここに置いていって下さい。
僕はもう強靭なハートを手に入れたから何でも平気。
それを愛に変えて放つことが出来ます。
だから愛を信じることをやめないで・・・。
ここに来てる人はもうわかってると思いますけど
愛を信じた人はきっと何かを変えられると思うから。
立場だとか、男だとか女だとか、年齢だとか・・・
そういったものは関係なく
僕とあなた達の間には確かに愛があるから
それを信じて、自分の胸の中の宇宙に
これからも浮かべていきましょう。
今日はこんなに長い時間を僕のために使っていただいて
本当にありがとうございます。
こんな僕でよければまたここにいらして下さい。
そして一緒に愛を放ちましょう。」
(↑記憶のみなのでニュアンスでお願いします)

『Rainbow Wing』
CDの歌声も素晴らしいんですけど
これはもう生で聴けば聴くほど
CDではもの足りなくなってしまった最大の曲かも・・・。
(贅沢なこと言ってすみません)
ケリー渾身の歌声にのって
天まで“愛”が届いた気がしました。

そしてラストにケリーは
「沢山の最上級の愛をありがとうございました」という
言葉と大きなキスを投げてマザーシップで去っていきました。

昨日もチラッと書きましたが
近いうちに発表されそうな“面白いこと”や
出来上がったデモテープのことにしても
どんどん前進していくケリーは本当にすごいと思います。
E☆Eがこれからどんな展開をしていくのか楽しみです。

今回も長いレポになってしまい失礼しました。
次回は6/3の参戦予定です(^^ゞ

早稲田専門美容学校の学生さんと教員の方が
E☆Eライブを鑑賞した際のことが公式サイトに書かれています

@E☆Eライブ中、会場後方でライブペインティングを
 されている画家の神谷可奈子さんのブログ
 昨日の作品のことが書かれています
 (ライブペインティングは5/13、18、25の3日間の予定)

May 05, 2007

エンドリお台場ライブ5/4レポ

GWでお台場もかなりな人で混雑する中
人ごみにもまれつつ、タンク②へ行って参りました(^^ゞ
当初、GWは参戦する予定じゃなかったんですけど
やっぱり禁断症状には勝てませんでした(笑)
(↓以下ネタバレ満載なので御注意下さい)

タンク②の中に入るとクーサンから
「本日はカメラによる収録を予定してます」とのアナウンス。
Bブロックの後方に3台、Dブロックの後方にも1台
そして最前には移動のカメラがありました。
そのせいか、満員の客席も始まる前から何となく興奮気味。

いつにも増した熱いケリーコールの中
やがてステージが暗転して、宇宙の映像が流れたあと
静かにケリーが登場します。

『空が泣くから』
オープニングのこの曲から今日のケリーは只ならぬ雰囲気。
ラストの渾身のフェイクは鳥肌モノでした。
何かがケリーに降りてきたようなすごい歌声に
客席も一瞬、拍手を忘れて静まり返ったくらいです。

『E☆E2』
以前と映像が少し変わっていたような?
黄、赤、オレンジなどの色がマーブル状態に交じりあって
それがやがて線で描かれた劇画のような龍に変わります。

そしてマザーシップからギターを抱えてケリーが登場。
今日は青系のつなぎにカマーバンド、ゴールドのジャケット。
帽子はナシで久しぶりに正式なE☆Eスタイル(笑)
髪の分け目はいつもと逆で、目力ありまくりの
めちゃめちゃ男前なケリーでした★

『White  DRAGON』
この曲から客席のボルテージも一気にヒートアップ!!
すでに1曲目にして汗だくになるくらい盛り上がりました(^^ゞ

『傷の上には赤いBLOOD』の前には
スティーブの声をケリーがマイクで拾うところで
スティーブの何やら意味不明な“宇宙語”(?)をマネして
ケリーも“宇宙語”で返したり
スティーブのシルバーのウィッグを触ったり、撫でたり
フ~ッと息をかけてなびかせたりといたずらなケリー(笑)
あと『傷の上には~』の間奏では
先生の頭を両手で優しく抱えて髪の毛に“ちゅっ”(←会場騒然)

そうそう!マイクスタンドが“Rainbow Star”仕様になってました★
Rainbowの柄で二股になっていて真ん中に星
その上にマザーシップ(?)みたいな逆▽付き。
まだ出来上がってきたばかりなんだそうですが
星の部分とかは鉄で出来てるので
ケリー曰く「ぶつかると若干痛い」らしい(笑)

『Sparkling』
スクリーンに登場した(角アリ)ならみやげなクーサン。
今日は左側のクーサンはグーグー居眠りしてて
右側のクーサンがそれを見て「チッ」と舌打ち(笑)
左のクーサンは右側のクーサンに頭突きで起こされてました(^^ゞ

ギターソロでは途中、お尻をかいたりしてお茶目なケリー(笑)
ちなみに今日は龍の被り物はナシ。(暑いせい?)
ソロの後、ドラムに移動する途中に客席から
「ケリー」と声をかけられると、「んっ?」って立ち止まって
振り向いた様子がプレイリードッグみたいで可愛かったです(笑)

ドラムも最初は1音ずつ遊びながら叩いてましたが
途中からはめちゃめちゃカッコいい演奏を聞かせてくれました♪
ドラムを叩いたあとセンターに戻りながら
上にずり上がってしまったつなぎを手で下ろす仕草も
可愛くてウケました(笑)
四銃士では名越さんがまだしゃがんだりするのが
ちょっとぎこちなかったんですが
ギターを振るところで、名越さんがくるっと回ると
ケリーもくるっと回って2人でとっても楽しそうでした♪

今日も「僕のお友達を2人紹介したいと思います」という
ケリーの紹介で△くんとバクちゃんが登場★
バクちゃんはステージに登場すると
いきなりケリーに向かって走り寄り、なぜか写メで撮影(^^ゞ
でも撮影しようとしても携帯がずっと起動中だったみたいで
「早よ。撮って」とすかさずケリーに突っ込まれてました(笑)

すると今度はケリーの汗を拭こうとするバクちゃん。
取り出したハンカチが2枚だったのを見てケリーに
「なんで2枚やねん!」とまたもや突っ込まれるバクちゃん。
今度はバクちゃんがハンカチを嗅いで
「いい匂いだから」と言うと(←バクちゃんもやるなぁ~笑)
「香水の匂いやろ!え?石鹸の匂い?知らんがな(笑)」と
今日もバクちゃん相手にドSなケリーでした(笑)

そしてケリーのお尻だったり・・・(←ロビーに写真アリ)
至近距離で写真を撮りまくりだったんですけど
マイクスタンドの星の部分に、ケリーの手を持ってきて
“星を掴む男”とタイトルまで付けちゃうバクちゃんが
最高でした♪(←されるがままのケリーに萌え~)
でも下神さんの前で写真を撮ろうとしてたら
ケリーにコロンと転がされてましたけどね(笑)

そのあとバクちゃんは△くんの手を優しく引いて客席に下りると
客席の写真も撮りまくってました。
△くんも客席を走り回って盛り上げて楽しかったです。

『CCK』
ラストのジャンプの前にケリーが「メイクは大丈夫?」と
聞くと、客席から「すっぴんなの~」との返事。
すると「すっぴんのお前が1番可愛いよ」との
タラシモードなケリーに会場瞬殺( ̄▽ ̄〃)
でもその後「あ~ぁ。プライベートで言うつもりだったのに
プライベートで中々言う機会がないから
ここで、仕事で言ってしまった(笑)」との言葉に
「え~っ#」と客席からブーイング(^^ゞ

するとケリーが
「プライベートで言って何が悪い!俺の人生やないか(笑)
1回きりの人生なんだから俺のやりたいようにやる!」と
何キャラ?やねん・・・って感じでしたけど
「君達もいい男がいたら・・・ちゃんと捕まえておけよ」と
殺し文句も忘れないケリーでした(^^ゞ
(あなた以上にいい男なんて、いませんってば・・・笑)

そして本編が終わってステージをはける時
写真を撮るバクちゃんに笑顔でピースするケリーが
とっても可愛かったです!!

今日はアンコールのケリーコールのテンションも高くて
その勢いにケリーも押されて
「ねぇ。皆さんGWでヒャッホ~な気分なのはわかりますけど
ぼくはこういう仕事なんで全くGWに関係なく過ごしてます(笑)
でもここまで来る途中は(渋滞が)すごいことになってました。
もうどんだけポンピングブレーキを使ったことか!
本当に間に合ってよかったですけども・・・。
まっ。いざとなったら僕にはマザーシップがありますけどね。」
とケリーが言うと、客席から「乗せて~」との声。
「乗せないよ!乗れません。
あれは僕しか乗れない設定になってるから。
邪悪な心を持つ人は乗れませんので。
“筋斗雲(きんとんうん)”みたいな?(笑)
今はロビーに止めてありますけど(笑)
厳重・・・でもなく簡単に乗り越えられそうな柵で
囲ってありますけど(笑)」

あとラリー・グラハムとのコラボの話では
手紙を書くときには自身もラリーのファンだという
チャカさんにも協力してもらったそうで
「チャカが居なかったら・・・」というケリーのお礼の言葉に
後ろで目頭を押さえる振りをするチャカさん(笑)

ラリーから届いた音源は仙台に居たとき届いたそうで
ステージでリハとかやってる時に届くならまだしも
こじんまりとした楽屋を普通にガラガラっと開けて入ってきて
「ラリー・グラハムさんから音源が届きました~」と
あっさり言われちゃったらしい(^^ゞ
早速ケリーがPCに音源を入れて聞いてみると
「12345!」って日本語で入ってて驚いたそう!!
ケリーが“日本語”でとオーダーしたわけではなかったらしく
「ラリーがジャパンを意識して色々とやってくれたみたい」とか。

そしてラリーの親指が大きいっていうことから
ケリーが「僕の手は女の子みたいに小さい。
ギターを弾くには大きい手がいいんだよね~。
小さい手で一生懸命頑張ってるけど・・・。
夜、お風呂の中で指が少しでも伸びるように
(指を引っ張りながら)引っ張ってるんだけどね」と言うと
会場中から「その手が好き~!可愛いの~!」との声がすごくて
ケリーの手フェチの多さを再確認しました(笑)
(本当にその手が好きなんで、そのままでお願いします♥)

あと次のアルバムのことも考えてるそうで
海外のアーティストさんでコラボしたい人が
頭の片隅に浮かんでる・・・みたいな話から
「誰か教えて~」と客席から聞かれると
「まずオファーしないとね」ということから
「また次の機会にオファーして・・・オファーが通ったら
君達にもオファーして・・・君達にはオファーしないか(笑)」
と“Offer”(←思いっきり英語発音) という言葉を
連発するケリーでした(笑)

最後は真剣に愛を説くケリー。
「僕は10代の頃、生きることを諦めようとしたことも
ありましたけど、そんな僕を救ってくれたのも
やっぱり人の愛だったり、人が作った音楽だったりしました。
人間って残酷だったり、悲しい生き物だなって思うけど
でも今日ここにこうして来てくれている人もそうですけど
人間には愛を持っている人もたくさんいる。
だから僕はE☆Eという愛を伝える行為を通して
愛を信じ、愛に生きて、そして愛に死んでいきたい。

今日も僕の歌や愛の話を聞いて
心の中が苦しかったり、どうしようもなく辛い方は
どうぞその気持ちをここに置いていってください。
僕がその気持ちをまた愛に変えて歌って
お返ししますから。

そしてE☆Eという愛を信じる行為を通じて
何か自分の近くに居る大切な人への愛に
気付いてもらえたらと思います。
そのきっかけにどうぞ僕をE☆Eを使って下さい。」
(↑記憶のみなので、ニュアンスで捉えて下さいませ)
ケリーの温かい気持ちが本当に心に沁みました。

ちなみに今回収録されたものは、ケリーによると
「この日の様子は、後で皆も見れるんじゃないかなぁ?
その内、皆さんの所にお届けできると思います」みたいなことを
言ってましたので、楽しみに待ちたいと思います♪

今回もダラダラレポで失礼いたしました(^^ゞ
次回は諸事情で5/12、13の連続参戦予定です(笑)

April 24, 2007

エンドリお台場ライブ4/22レポ

4/22のお台場ライブに行って参りました。
今回はケリーからも「なんか・・・本当に楽しいね~」と
何回も言葉が出たくらい、本当に楽しいライブでした。
そのせいもあってか・・・長かった(笑)(←ほぼ3時間)
今回はR1ブロックでケリーをガンミしすぎたので
脳内HDDが相当危ない感じですけども
思い出しレポをさせていただきます(^^ゞ
(↓以下ネタバレですので御注意下さい)

今回もセットリストには特に変更ナシでした。
『空が泣くから』
このアレンジで聴くのは4/11の参戦以来2回目なんですけど
ケリーの柔軟なボーカル力には感心させられます。
ふわぁ~っとした透明感のある世界に包まれたような感じ。
「愛が泣くから~」と歌詞変えもアリ♪

『E☆E2』の後・・・
ギターを抱えたケリーがマザーシップから登場★
PSYCHEなTシャツに赤のジャージ、ゴールドのジャケット。
赤のジャージは七分丈にリメイクされてて
なんと“CHERI”の方を前にして穿いて
思いっきりアピールしてる感じが可愛かったです(笑)
ジャージの下は柄タイツに靴下、adidasのハイカットシューズ。

アフリカンなリズムのところで
いつもはスタンドマイクをケリーが持って
ちょっと遊びながら、スティーブの声を拾うんですが
今日はハンドマイクで声を拾ってました。
スティーブのスキャットをケリーがマネしたりして
とっても楽しかったです。(←けっこう似てた!)

『傷の上には赤いBLOOD』
めちゃめちゃ大好きな曲なので身体が勝手にノリノリで
リズムを刻んじゃいます(^^ゞ
ケリーも客席もみんなでリズムに合わせてジャンプ♪
間奏で先生と追いかけっこしてたケリーですが
最後に足をガバッと開いて先生に向かって
ジャンプして髪の毛に“ちゅー”してました♥(笑)

『Sparkling』(メンバー紹介)
今日も△くん(←△かぶった人です)登場。
最初、△くんのリアクションに納得いかなかったのか
ギターのショルダーを足から脱いでは(←龍ケリーなんで)
「あれっ?」と小首をかしげるポーズを3回やってました(笑)
そして、ケリーの身振り手振りの指示の後
△くんがケリーのドラムに合わせてトランポリンをジャンプ。
なんか△くん・・・ダンスが上達していくなぁ~(笑)

あと先生も指名されて、傘をさしてジャンプしたんですが
あえてそんな先生を無視してギターを楽しんじゃってる
“ツンデレ”な龍ケリーに萌え~( ̄▽ ̄〃)
とうとう弾けすぎて倒れちゃった先生に
御焼香して手を合わせるお茶目なケリーでした(笑)

最後の方ではメンバーを順番にドラムスティックで指差して
アドリブを指示する龍ケリーがカッコよかったです!!
本日も四銃士アリ♪

客席のボルテージもかなりヒートアップしてきた頃に
「僕のお友達」と紹介されて“小林バクちゃん”が登場★
遅れて出てきたと思ったら・・・
至近距離で写真を撮りまくるバクちゃんに
「ステージ慣れしたでしょ?
最初は“僕どうやって出ていったらいいのかなぁ?”って
言ってたのに・・・。慣れって嫌だね~(笑)」とケリー(^^ゞ

すかさずケリーの顔の汗を緑のミニタオルで拭うバクさんに
客席から「優しい~」と声がかかると
ケリー「優しくないよ!偽善だよ偽善(笑)
もう~ステージ上で僕の汗拭けばいいと思ってぇ~。」
更にバクさんがお尻のポッケに入ってた“水”を差し出すと
「水飲みますか?じゃないよ~。
お前のケツのぬくもりでHot waterになってる
そんな水嫌だよ。そんなぬるいの(笑)あとで冷たいの飲むよ」
とケリーが言うと
バクさんも「冷たいのは胃に悪いです」と反論(爆)
そんなバクさんとのやり取りに「え?胃に悪い?」と
ケリーもとっても楽しそうでした。
バクちゃんのカメラにはケリーのステキな表情が満載かも♪
(ライブ写真集・・・出しません?笑)

『CCK』では
チャカさんのC&Rや竹内さんのラップの間中ずっと
スティーブのドラムセットを叩いてたケリー。
ちょうどR1ブロで近くだったのでガンミしてたんですけど
本当に楽しそうないい表情してました。
「ハイヤー」は10代、20代、30代、40代
そして50代以上、男だけでがアリ。
今日もかなり男性の数が多くて、元気もよかったので
「俺も愛してるゾ!」のお褒めの言葉もアリ♥
ケリーの「僕にもっと愛をちょうだい♪」にやられました(≧▽≦)

もちろんその間もバクちゃんはステージに常駐。
これから客席の写真も撮るということで
「皆さん、お化粧直しは大丈夫?小鼻の周りとか目尻。
年齢の出やすい手や首とかは大丈夫ですか?
最近のカメラは高性能だからねぇ~」と意地悪ケリー(笑)
そして「顔テカッてませんか?
ボンジリ(?)ぐらい。あっ!ボンジリってあんまり
メジャーじゃなかった・・・」と1人でつぶやいてました(笑)

するとそこにオーディエンスから「美味しいと思います!」
絶妙なタイミングで声がかかって、ウケたケリーは
その人を“音域女”と名付けてました(^^ゞ
(その人の声の音域にウケたらしい・・・)

あとケリーの真正面に居た男の子から「ケリー」と呼ばれて
「おぉ!お隣りはお母さんですか?」とケリーが聞くと
男の子は「1人で来た!」とのことで隣とは無関係。
でもケリーは隣の方のリアクションが面白かったらしく
「今、隣の方が“いえ。赤の他人ですけど?”みたいな
反応が面白かったんで、もう1回聞いてもいいですか?」って
もう1回その人に同じことを聞いてました(^^ゞ

ラストの皆で飛ぶジャンプの時には
「僕は392メートルくらい飛びますけど
みんなも300くらいは飛べるでしょ?
人間の身体能力はまだまだ進化するからって
ドクター中○さんも言ってましたし・・・(笑)
僕はスターなんで言わなきゃいけないことがあるんですけど
スター大百科にもね・・・ちゃんと載ってるので
言わなくちゃいけないことなんですけど・・・(笑)
みんなに出会えたことを心から嬉し・・・(言いかけて)
あっ!これは嘘じゃないよ?ホントの気持ちだよ!(笑)
みんな、本当に・・・愛してるじょ!!」と言いながら
カッコよく大ジャンプ★

そしてバクちゃんに写真を撮られながら
手を振りつつ笑顔でステージをはけるケリー。
ステージの端まで来たときにあぐらをかいて座ると
客席をバックに写真を撮ってもらってました。

やがてアンコールで出てきてからも
中々鳴り止まないケリーコールに
「呼びすぎじゃない?(笑)
それ、僕ががここに居ないときの呼び方やろ~。
“おい、ジュンコ!ジュンコ!”って探してるときみたい(笑)」
このケリーの言葉に心臓止まるかと思いました(@_@)
なぜなら・・・私の名前も“ジュンコ”なんで!!!
ふぁ~。嬉しくて死にそう(笑)

でも更に大きくなるケリーコールに
「いやいや。ここに居るから~。んふふっ(笑)」と
照れ笑いするケリーが可愛かったです♪

MCでラリー・グラハムの話をしていると
ラリーがスーパーマリオみたいな髭がある人だという話から
急に思い出したらしく・・・
「あっ!ちょっと話飛ぶんだけど・・・
一昨日?みんなでご飯でも・・・と行こうとした時に
ほら!海外旅行とかで使うガラガラと引くトランク?
(←やってみせてます)をマリオみたいな髭が生えてて
マリオような帽子を被った人が引っ張ってたのを見た。
それがまるで現役引退したマリオのようだった。
今でもワンUPきのこを探してます・・・みたいな(笑)」と
思い出し笑いをしながら話してくれました。

それから雑誌関係とかも含めて
あと2~3個、壁が壊れそうなことがあるとか。
「かなりしぶとい壁だけど、その壁を壊す事が出来て実現したら
皆さんにもっと楽しんでもらえるんじゃないかなぁ?」と
言ってました。地方公演についても闘ってるそう。
「男限定ライブとかもやりたいんだよね~」とケリーが言うと
「え~っ!!」と客席からブーイング(苦笑)
「いいじゃないのぉ~。1年やるんじゃないでしょ~。
たった1日でしょぉ~?」と
甘えたさんなケリーが可愛かったです(←1日だけだよ?笑)

ちなみにこのライブには色んな人が来るそうで
先日は力士もいらしたらしく(←昔から剛くんのファンだったらしい)
“ソメイヨシノ”柄の着物を着て、来てくれたそう♪

そして最後はこんな言葉を投げてくれました。
ケリーの想いが心に沁みました。
「僕はある時期、本当に生きることをやめたくて
やめるにはどうしたらいいか・・・
そればかりを考えてたことがありました。
ステージに立っても足は震えるし、手も震えるし
とにかく怖くて怖くて、お金を払っててでも
ステージから降りたかったくらい・・・。
うん。何が怖かったのかはわからないんだけども・・・。
でも今は大丈夫。
ちゃんと乗り越えて、こうしてステージに立ってます。

昔の僕のような気持ちを持ってる人が居て欲しくはないけど
どうしようもなく辛いことがある人は
その気持ちをここに置いていけばいいじゃない?
たぶんみんなが帰った後、きっと僕はその気持ちを
ドンと受けとめてしまうと思うけど
僕にはメンバーさんやみんなが居てくれるから大丈夫。
辛い気持ちは置いていけばいいと思います。

そしてこのE☆Eということを通して
少しでも何か、自分らしく生きるきっかけに
使っていただけたら・・・と思います。」
(↑記憶のみなのでニュアンスで捉えて下さいまし)

ラストは『Rainbow Wing』
さすがにフェイクの歌声がお疲れ気味でしたけども
ケリーの魂の篭った歌声は本当に素晴らしかったです。

会場内にはケリーが“Photoshop”で加工した
アートな作品(ケリーの写真)がまた増えてました。
ケリーのお宝ショットが満載です★

今回も長々と失礼しました(^^ゞ
次回は5/4日参戦の予定です♪

April 12, 2007

エンドリお台場ライブ4/11レポ

【セットリスト】
空が泣くから(アレンジVer)
ENDLICHERI☆ENDLICHERI2
White DRAGON
FISH DANCE
傷の上には赤いBLOOD
宇宙の雨はね、二人で
インスト
ソメイヨシノ(アレンジVer)
Sparkling
Blue berry(1コーラス)
Take U2 The Rainbow Star
CCK
(アンコール)
Rainbow wing

4/11のライブに参戦して参りました(^^ゞ
“28ちゃいと1日になった”(←本人曰く・・・笑)ケリーは
歌声もパフォーマンスも痺れるほどにカッコよかったです!!
2ndアルバムの発売日だけに期待はしてましたけど
セットリストもアルバム曲をメインに一新されて
なんだか初日のような不思議な感覚がありましたね~。
オーディエンスの温度もとっても高かったです!!
今回も脳内ハードディスクが相当怪しいですけど
思い出しレポさせていただきます。
(↓以下ネタバレ満載ですので御注意下さい)

『空が泣くから』
まさかこの曲がオープニングに来るとは思っていなかったので
「そうきたか~」って感じでしたね~。
アレンジも変わってしっとりとバンマスのキーボードだけ歌う
ケリーの歌声はウットリするくらい綺麗な高音で
最初から魂さらわれちゃいました。

オープニングの映像もちょっと変わったような?
ラリーの声と共に始まるE☆E2のラストと共に
マザーシップからギターを抱えたケリーが登場★
そのまま『White DRAGON』をギターを奏でながら
ハードにカッコよく歌います。
ちなみに本日のケリーはベレー帽にロングジャケット。
つなぎにカマーバンド。
そして“CHERI”のバックプリントとクーサン付きの
赤のスゥエットを重ねばきしてました。

『FISH DANCE』
『傷の上には赤いBLOOD』
この2曲、実はめちゃめちゃお気に入りなので
テンション上がりました(≧▽≦)
う~ん。ケリーの高音が魅力なのは言うまでもないですが
この2曲に関してはゾクゾクするような
むしろ男っぽい低音が魅力かも♪
タイトな歌い方も最高にカッコよかったです!!
ケリーが先生を目隠しするという18禁な絡みもアリ♥
先生ってばケリーに腰砕けにされてました(^^ゞ

『宇宙の雨はね、二人で』
この曲のイントロ部分でケリーが軽く踊ってたのに
思わずやられました( ̄▽ ̄〃)
優しくて甘~い歌声に癒されます♥

『ソメイヨシノ(アレンジVer)』
あまりにもアレンジされてて一瞬
何の曲かわからなかったくらい(^^ゞ
ミディアムテンポロックにアレンジされた『ソメイヨシノ」は
切ないんだけどポジティブな感じもしてすごく新鮮♪
天井や客席にライトで花びらの形が映し出される演出も
とってもよかったです。

『Sparkling』(メンバー紹介)
ここでは龍をかぶったケリーと一緒に
ボディは黒づくめのクーサン(△をかぶった人)も登場!!
もう無邪気に楽しむケリーは誰にも止められません(笑)
ギター演奏しながらの華麗なステップを見せてくれたあとは
トランポリンを使っての△くんとケリーとのジャンプバトル(笑)

そしてケリーの御指名で、先生、下神さん、バンマスも
バトルに参戦しますが、ケリーからダメ出しもされて
再度飛ぶハメに・・・(苦笑)←龍ケリーは厳しい?笑
最初はギターでジャンプのリズムを刻んでいたケリーですが
後半はドラムで色んなリズムを叩いてくれて
カッコよかったです。(被りモノで見えにくいのにすごい!!)

あとケリーが先生が持ってきた傘を使って
傘をついてステップ踏んだり、傘をグルグル回して
キャッチするのをわざと2回くらい失敗しては
「???」っていう感じで落とした傘を2度見する
ケリーが可愛かったです(←龍なんで可愛さ倍増・・・笑)
最後はバッチリキャッチしてポーズをキメてくれました★

そんなこんなでかなり長い時間、龍をかぶったままなので
マスクの中はすごいことになってたみたいで
「体力の限界。(←千代の富士のマネ?笑)
マスクの中がセメダインの臭いでもう限界です。
ワックスの臭いがしてすごいことになってます。
でも僕はそんなマスクの中でも(←小泉元首相のマネ?笑)
毛根を死なせないことをココに誓います!!

君たちは・・・テカリは大丈夫ですか?
ここは僕のパフォーマンスをする時間じゃなくて
君たちの化粧直しの時間ですから!!
そういう紳士的な僕の優しさです。
僕が、君達の心のUVカットとなって
シミ・ソバカスから君達を守り続けることを誓います!!
僕は死にましぇん!君達のことが好きだから!(←武田鉄矢のマネ)
昔のCMすぎてウケませんでした。
でも僕はこのあとお風呂に入って、チャン・リン・シャン
したいと思います」ともう何キャラやねんって感じで
龍ケリーがしゃべってました(笑)

あと「前が見えません!!
もっと君達とコミュニケーションしたいんですが
見えませんっ!!今も喉の奥から喋っています。
(マイクを龍の口の中に入れてるのでゴゾゴゾ音がする)
ここで君達も喉仏で会話できるようになって下さい」
・・・みたいなことも言ってました(笑)
そうそう!四銃士も復活★
先生&上ケンさん、ケリー&竹内さんでギター演奏しながら
しゃがんだり、ギターを振るところがカッコよかったです。

『Blue berry(1コーラス)』
やっぱりこの曲はテンション上がりますね~!!
なぜにこの曲のイントロを聴くだけで体温が上がるんだろう?(^^ゞ
今回もジャンプの回数を惑わす小悪魔ケリー(笑)

『Take U2 The Rainbow Star』
この曲の最初を聞くと、条件反射で手拍子したくなります(笑)
リズムに合わせてライティングが変わるのがステキ★
前回のレポでも書きましたが、TAMAちゃんと優香ちゃんの
振りがちょっと複雑ですけどもノリノリで踊りました♪
ギターを弾きながら、時折乱れた前髪をかきあげる仕草が
超セクシーで男前でした(≧▽≦)

『CCK』ではギターのまま、ケリーがステージから
客席(Rブロあたり)に降りたので、会場騒然\(◎o◎)/
しばらくしてステージの袖から戻ってきましたけどね(汗)
「ハイヤー」はケリーが竹内さん→下神さん→
スティーブ→バンマスの順番で御指名。
そのあとは細かい年代別の「ハイヤー」なんですけど
50代以上の方もけっこういらして
「FUNKに年齢は関係ない!」とケリーも煽ってました。
男性だけの「ハイヤー」も今日は元気だったので
ケリーから「愛してるゾ」とご褒美のお言葉アリ♥

ラストのジャンプの時に
「皆さん、自由自由に・・・それでは」って言って
「なんで それでは って言ったんだろ?(笑)
違います(←笑ってます)それではじゃなくて
一緒にジャンプしたい ってそれだけなんですけど(笑)
それではじゃないです。んふふっ・・・すみません」と
お疲れのためかカミカミになってました(^^ゞ

そして「あのヌーブラの方は落さないようにして下さい。
ライブが終わったあとヌーブラが片方落ちてても
非常に切ない気持ちになりますし
預かっても取りにこないでしょうしね(笑)
スタッフが困りますので。
あとフロントホックの方も前をはずしてジャンプして下さい」
とケリーが言うと「はずして~」と客席からの声(笑)
「それセクハラでしょ?いやいやおかしなことになるから
“あ、じゃぁ~お願いします”っておかしいでしょ(笑)
(↑一列に並んでフロントホックをはずす列を再現)」と
どんどん話がそれてジャンプを忘れそうになるケリー(^^ゞ

今日もリピーターが多いとわかって
「いつも言ってるけどぉ~嘘っぽいけどぉ~
本当にぃ~愛してるじょ。(←笑いが止まらない様子)」と
言いながらバッチリジャンプをキメてくれました。

一旦笑顔で手を振りながらはけたあと
ケリーコールの大合唱の中(暗闇)再び登場★
まだまだやむ気配のないケリーコールに
「どんだけ呼ぶねん!」とケリー(笑)

客席から「可愛い~」と声がかかると
「当たり前でしょ。永遠に可愛いんです」と可愛くお答え(笑)
そのあと素に戻って
「(頭を触りながら)こんな片方髪が無い人のこと・・・
よくかわいい~って言えるねぇ?(笑)
こんな髪型でもそんなこと言ってくれるの
か~ちゃんだけだと思ってたんですけど」と
照れ笑いしながら言ってました。
(いや・・・どんなあなたも可愛いです!←イタイ?笑)

そしてケリー1人乗り用のマザーシップの話になって
「(マザーシップは)今日もソコ(←ロビーを指差して)に
停めてきましたけど・・・えぇ。(笑)
昨日洗車したんですけどね?
雨が降っちゃってちょっと悲しいんですけど・・・(笑)
今日も『宇宙の雨は~』をリハしたんで
降っちゃいました!
このあと帰りも振ってると思いますんで。ごめんなさい(笑)
なんか僕が歌うと雨が降るという現象が起きてますけど。
お風呂入ってから見た天気予報では降るかもしれないけど
まぁ~そんなにみたいな感じだったんですけどね~。
天気予報士はあてにならないな~(笑)」

あと実はアルバムはお台場ライブがスタートする前に
リリースしたかったが色々あって今日になったそう。
アルバムのついては
「歌詞を見て目を開いて聴くのもいいけど、暗い中で
暗い中って暗闇ね。暗いことするって意味じゃなくて(笑)
目を閉じて感じて聴いてみてください」 と言ってました。

そして愛することへの想いを語って
「自分の人生を生きて、死んでいきたいと思います。
今の“死んで”っていうのは ネガティヴな意味じゃなくて
この命を大切に生きて、全うしていくっていう
そういう意味で使いました。
僕は皆が取り巻く宇宙の渦の中心になったような
気がしているんですけど、昨日もですけど
皆さんからたくさんの温かい言葉をいただいて
これからも素敵な僕で
皆さんの前に立ち続けられるようにありたいです。」と
とても嬉しい言葉を最後に投げてくれました。
(↑記憶のみなのでニュアンスで感じて下さいませ)

『Rainbow wing』
これはもうしつこいようでうすけど・・・
是非とも生歌で聴いていただきたい曲!!
シャウトする歌声に魂が震えます。

すべてを終えてマザーシップに乗りこんだケリーは
大きな投げキッスをして帰っていきました。
エンドロールの最後にはクーサンが
「今日は逢えて嬉しかったよ
本当にありがと また遊びにおいで
ばいばーいぃぃぃ」と言ってくれるんですけど
なんだかジィ~ンときてウルッときてしまいました。

28歳と1日のケリーは最高でした!!
今更ですけども、新しいアルバムの曲を聴いて
この1年でのケリーの成長のすさまじさを感じます。
またライブも進化していきそうな予感♪
次回は4/22に参戦予定です(^^ゞ

▲ゴールドガチャガチャでGetしたシルバークーサン▲
     200704122107000

March 26, 2007

エンドリお台場ライブ3/25レポ

初日以来、2回目のお台場ライブに行って参りました。
心配してた雨と風も開演の頃にはすっかりやんで
会場の手拍子に誘われるようにライブがスタート。

幕の向こうには天を仰ぎながら静かにスタンバイするケリー。
やがてバンマスの奏でるピアノの音で
言葉を抱きしめるようにしっとりと『ソメイヨシノ』を
歌い始めます。
目を伏せて歌うケリーの表情はとってもはかなげで
どこかへ飛んで消えていってしまいそう・・・。

『ソメイヨシノ』の最後の歌詞変えは
「あなたを あなたを
命を 涙を 青い空を
赤い陽を(太陽のことかな?) この宇宙を
この愛を 愛の歌を 愛のキスを
あなたを愛してる 」でした。

このあと「1、2、3、4、5」というラリーのカウントで始まる
『E☆E2』に乗せて様々な映像が流れます。
最初に映ったのはダヴィンチの絵だったような?
この曲、やっぱりカッコいい!!テンション上がります♪

やがてマザーシップからケリーが登場。(大歓声)
昨日も速報レポで書きましたけど
レインボーのつなぎにカマーバンド。
インナー?と見間違うほど開いた胸元は蛍光オレンジで
ペインティングされてました。(←胸元にドキドキ)
赤いジャージは右が白のライン左はキラキラの△くん付き。
そしてお尻には「CHERI」の文字入りでした★
最初だけはゴールドのジャケット、ベレー帽、サングラスもアリ。

マザーシップの階段から降りてくるとき、まるで焦らすように
ジャケットのボタンをはずすケリーに萌え~( ̄▽ ̄〃)

『ブルベリ』ではジャンプするところで
「1234・・・8」と違う回数を指で立てて何食わぬ顔(笑)
またケリーに遊ばれちゃいました(^^ゞ

『傷の上には赤いBLOOD 』に行く前に
アフリカンな曲調のイントロ(?)みたいなものがあるんですが
そこでは太鼓のリズムにのって
ケリーが蹴り上げるように踏むステップがカッコよかったです。

そう言えば、今日のスティーブはまるで連獅子のような
白いウィッグを付けてて、かなり目立ってました(☆_☆)
スティーブの声を拾おうとケリーがスタンドマイクを
傾けてたんですけど、歌いだすとマイクを遠ざけたりして
ケリーに遊ばれちゃうスティーブでした(笑)
あとスティーブの先導で「お~だ~い~ば~」と
全員で手を合わせながら呪文(?)を唱えます。
もちろんケリーも客席も全員で合掌(笑)(←怪しい空間)

そしてこのあと、初めて聴くムーディなインスト曲があって
ケリーのギター演奏をたっぷりと堪能♪
ギターを弾くケリーは本当に楽しそう。

この数日は日々セットリストも変化しているようですが
今日は仙台ライブ以来の『美しく在る為に』でした。
天を仰いで手を伸ばしては、掴んだ“気”を取り込むかのように
その手を口元にあてるケリー。
その仕草の美しさに思わず見入ってしまいます。

『Sparkling』でのメンバー紹介では
クーサンが横にグルっと1回転を披露(笑)
そしてケリーはなんと
NEWバージョンの“龍”のかぶりもので登場!!
(顔が長いのでケリーの顔はほとんど見えません)
ギターソロではシンプルなメロディーを奏でつつ
身体を横に揺らしたり、小首をかしげてみたりと
可愛いケリー(いや龍か?)に悶絶です(笑)

エフェクターを駆使して激しく演奏しては
ピクピクして倒れこむケリー。
客席から「大丈夫~?」と声がかかると
すくっと何事もなかったように立ち上がって演奏という
パフォーマンスを2回ほど繰り返していました(笑)
ちなみにその間、バックスクリーンには
「今しばらくお待ちください 彼は無邪気に遊んでいます」の
テロップ入りという粋な計らい(笑)
さすがスタッフちゃん!!やりますね~(^^ゞ

そして今日は「Six Pack」もフルコーラスで復活♪
この曲はやっぱり一体感があって盛り上がるし好きですね~。

『Take U 2 The Rainbow Star』は
優香さんとTAMAちゃんの手の振りがあるんですけど
けっこう動きが複雑です。
でも2回目なので今回はなんとなく出来たかも?( ̄▽ ̄;)
カッコいい振りなのでまたノリノリで頑張りま~す♪

『CCK』は今回もかなり長め。
「ハイヤー」は10代、20代前半、後半、30代
40代、40代以上で~と細かい年代別になっております(^^ゞ
うん。ある意味羞恥プレイだね(笑)
男だけで、可愛い子だけで、ぼくを愛してる人だけでもアリ。
可愛い子だけで~→「それはぼくが決めること」だそう(笑)

ギターバトルでは竹内さんとの18禁な絡みもアリ( ̄▽ ̄〃)
竹内さんがギターのネックを後ろから
ケリーの股の間に差し入れると
今度はケリーが同じようにお返し。
最後はかがんだ竹内さんの肩に右足を乗せるケリー。
相当危ない感じなんですけど、竹内さんとの絡みは
しつこく感じないから不思議(←十分ヤバい?笑)

チャカさんのC&Rでは
「Love me CHERI」でチャカさんと目が合ったケリー。
思わず笑って、そのままリズムに合わせて
チャカさんに近づいていきます。
そしてチャカさんの肩に頭をもたげて「くすっ」と
してやったり顔(≧▽≦)
またしてもその小悪魔ぶりにやられてしまいました@

そして竹内さんのブレイクダンスに対抗して
先生がマフラー縄跳びとロックダンスもどきを披露(苦笑)
それをケリーはステージのギリギリに立って
回り込むようにして見て驚いて笑ってましたね~。
最後はケリーが高さのあるロンダードから
キレのあるブレイクダンスを見せてくれました♪

ラストはケリーと一緒にジャンプしたんですが
「皆さん 想いで飛んで下さい。
重い人は飛ばなくていいです(笑)」とケリーに言われ
若干飛ぶのをためらった私です(^^ゞ
今日のジャンプは“十六茶”さながらのカッコよさ★

MCでは「今朝は雨と風が強くて天気を心配してたけど
想いが通じてなのか、大丈夫でよかった。
なにかと水とか雨とか関係があるけど
雨乞いは偶然じゃないと、小さい頃から思ってた。
今度は隣が海なので、海が近くて良いのは
つりが出来ること 。でも楽器は湿気との闘いで
そんなことも色々と勉強させてもらってます。

こうして今日・・・みなさんとお会いできたのも
縁だと思っています。
今日のぼくはこれで終わってしまう。
次にここで会うぼくはまた別のぼくかもしれない。
でも忘れて欲しくないのは
次にここに来るあなた達もその日のあなただから。
だからまたその日のぼくに会いに
ここに足を運んでもらえたら・・・と思います。
今日は足元の悪い中いらして下さって
本当にありがとうございました。」
(↑大体のニュアンスでとらえて下さいまし)

アンコールの『Rainbow wing』は
気持ちよく伸びるケリーの高音が絶品♪
なんとなく「この素晴らしき世界」(ルイ・アームストロング)
とか「Only You」(ザ・プラターズ)とか・・・
ソウル?ジャズ?そんな感じの懐かしい曲調なんですけど
本当にケリーの歌声好きとしてはたまらないかも?
全然泣くつもりじゃなかったのに
涙がこみ上げてきちゃいました(T□T)

最後はマザーシップの階段を上がって
前かがみになって股の間から手を振るケリー(笑)
投げキッスと共に星に帰っていきました。

ケリーが言ってた
「目に見えるモノだけを評価する人にしてるんじゃない」
という言葉からも、今のケリーを取り巻く状況が
たやすいものではないことは、なんとなくわかります。
でもケリーにはやりたいことを思いっきりやって欲しい。
そんなに簡単なことじゃないとは思うけど
エンドリケリーはそのためにあると思うから。
うん。“愛の蟻地獄”までお供しますんで(笑)

次回はケリーのお誕生日の翌日(なぜか翌日)で
2ndアルバム発売日でもある4/11に参戦予定です★
セットリストもまた激変の予感がします♥

@「ENDLI☆TV」は4/3フジテレビ系列で
 25:35~26:35にOAされる予定です

         
(初回限定盤DVD付 15%OFF)     (通常盤)

March 17, 2007

エンドリお台場ライブ3/16レポ

エンドリ2007お台場ライブ初日に行って参りました。
今回も脳内ハードディスクが崩壊しそうな勢いですが
思い出しレポを書かせていただきます(^^ゞ
(↓以下ネタバレ満載ですので御注意下さい)

新生タンク②の中に一歩入ると、エントランスロビーの
天井の宇宙に大小のクーサンが無数に浮かんでいます。
(本人曰く、ちゃんとケリーが配置を考えているそう)
△ の大型ビジョンにはクーサンが映し出され
公式HPのシンボル的な真っ赤な目のオブジェが目を挽きます。

今回すべてグッズは一新されてまして
ちゃんとガラスのケースにレイアウトされてました。
グッズ売り場もまるでディズニーランド内のトゥモローランドにある
コズミック・エンカウンターのようになっています。
規制線のロープや支柱の台までもが、パープルラメになっていて
隅々までケリーのコンセプトが行き届いてる感じ。
(黒服さんのネクタイもパープルだったし・・・笑)

会場に入るプロムナードも鏡張りの△ドームになっていて
足元には水が流れているというこだわり様
(スペースマウンテンみたい・・・)
タンク①でステージセンターにいたドラゴンは
タンク②では会場の入り口に移動。
天井にはミラーボール、そして時折流れ星が流れます。
ステージは半円状になっていまして
タンク①よりも横長になった感じです。(キャパも広いかも?)
ステージ上にはグルグルクーサンアリです。
(ヘッドフォンしてるのとノーマル)
そしてセンターにはピラミッド型のマザーシップ。

ステージの幕に宇宙が広がると
あなたの宇宙の愛 
私の宇宙にある愛をぶつけ合う
ただそれだけでいい
という言葉が映し出され、いきなり幕の向こうにケリーが登場★
仙台と同じく、バンマスの弾くピアノだけで
幕に映し出された桜の花びらが美しく舞い散る中
しっとりと切なげに『ソメイヨシノ』をスローに歌い上げます。
ちょっと鼻声(?)ぽかったんですけど
声の伸びは素晴らしく、パワーが溢れてました。

暗転したあと、幕に壮大な宇宙が浮かび上がり
『ENDLICHERI☆ENDLICHERI2』が流れます。
これ・・・めちゃくちゃカッコいいです!!
途中、ヴォイスが聴こえたのがラリーの声なのかも?
客席の手拍子でテンションも上がってきた中・・・
メンバーもステージ上に現れ、幕が落ちます。
そしていつの間にか居なくなってたケリーが
ピラミッド型のマザーシップから眩しいほどの光をあびて登場★
あまりのそのカッコよさに会場中から「オォ~ッ」と
どよめきと拍手が起こったくらいです。

ちなみに本日のケリーは
「音楽と人」で着てたゴールドジャケットにスパン付きのつなぎ
白のブーツ。肩からはゴールドのスカーフを垂らしています。
帯からはクーサンがぶら下がってましたね~。
グリーンラメのベレー帽には逆▽のマザーシップマーク付き。
コンセプトが“地球防衛軍”なので
バンドのメンバーさんの衣装も全員ミニタリーっぽくって
赤いベレー帽はお揃いでした。
ただこの“つなぎ”・・・実はけっこう暑いらしく
あとで皮伏皮膚呼吸が出来ないとケリーが言ってました(^^ゞ
でも実は「ひふくひふこきゅう」が言い辛いらしく
「ひくふ?・・・ひふ・・・」とカミカミでしたけどね(笑)

そして『Blue Berry』で会場のテンションも一気にヒートアップ。
本当に初日か?って思うくらいすごい盛り上がりで
ケリーの歌声もセクシーフェロモンもお腰様も絶好調♪(笑)
でもまたもやジャンプで違う回数の指を出したりして
ケリーに遊ばれちゃいました(^^ゞ←小悪魔め~(笑)

次はライティングが変わって、アフリカンな曲調に・・・。
インスト曲だったんですけど
チャカさんやTAMAちゃん、優香さん、スティーブが
太鼓を叩きながらステップを踏みます。
そしてケリーはタンク①ではテロップで流れた
「I have something.・・・and Power of Love.」を
ボイスチェンジャーで声は変えてステージ上で言ってくれます。

次は新曲だったので
たぶん『傷の上には赤いBLOOD 』(?)だと思うんですが
タイトルから想像してた感じとは違って
かなりリズミカルなFUNKでカッコいい曲でした♪
ここでは先生との濃厚な18禁な絡みに悩殺されまくり( ̄▽ ̄〃)
(う~ん。ちょっとモザイクが必要かも・・・?笑)

『Fish Dance』は仙台でも聴いていたので
ノリノリで振りもマネして踊りまくりました(^^ゞ
ケリーのすっごくタイトな歌い方が本当にカッコいいんで
かなり個人的にはオススメの曲です♪

そしてまず1回目のMC(ケリーの希望で暗がり)
ここではキュートなケリーのひらがなしゃべりが炸裂します(笑)
客席からの「愛してる~」に「みーちゅー(me too)」とケリー。
しかも「かわいく言えばなんでも許してもらえること発見した」
らしい・・・(←今頃気がついたんかい!爆)
「みーちゅー」を「狙った人を落とすときに使ってください」と
言いながらも・・・
「僕はちょっとやそっとじゃ落ちないよ?
ライブ終わりまでに僕を落とせるかなぁ~?」って
憎らしいほどの小悪魔ぶりに
会場中が落されたことは言うまでもありません(笑)

あとケリーは「皆の“胸宇宙”を見せてほしいから
第一ボタンををはずしちゃいなよ~」と言ったものの
「マイク使ったセクハラになってる」とすかさず反省(^^ゞ
「第1ボタンっていう言い方もダサい」と自分に突っ込んでました。
そして「僕はもう第1ボタン程度じゃなくてかなり開いてるよ」で
またもや客席を悩殺(@_@)
「男が第1ボタンを空けたらぶっ飛ばします。
ボーカルやメンバーのテンションに関わってくるから!」と
自由なケリーのMCがとっても楽しかったです

『濡れ鼠』は仙台と同じアレンジだったような・・・?
このアレンジがまたいい雰囲気を醸し出していて
大人っぽいジャージィなケリーの歌声に酔いしれます。

このあとだったと思うんですが
マザーシップの後方に幕が下りてきて
詩(?)のようなメッセージが映し出され
録音ですが、ケリーの声でナレーションが語られます。
まるでドラマのナレーションのようで思わず声にウットリ♪
全部は記憶出来てませんが・・・
「塔の上で朝日を待て!」・・・とか
「自分らしく在れ ひとのままで終わるな」とか
ケリーからの心のメッセージが力強く心に響きました。

『空が泣くから』はスティーブの出すボウルを使った水音から
静かに始まります。この曲はやっぱり壮大で素敵な曲です。

『Sparkling』(メンバー紹介)
1人づつメンバー紹介されたあと、タンク①では
“ボーカル&ギター E☆E”と紹介されていたのが
なんと“大宇宙防衛軍指揮官 ケリー”になってました!!
コンセプトに忠実にどこまでも遊び心満載です(笑)

今回はエンドリのかぶりものもなく
ギターソロでは時折乱れた前髪をかき上げる仕草が
めちゃめちゃセクシーで男前でした(≧▽≦)
とにかくギターソロが痺れるほど、カッコいい!!!
そしてステージから一段下りて客席に近づいて
客席に向かってお尻突き出しという大胆サービス@(鼻血が~)
最後はステージの両サイドギリギリにまできて
左右、そしてセンターにそれぞれ1回ずつ
熱~い投げキッスのプレゼントまでしてくれました♪
あまりの刺激に会場騒然・・・思考停止状態です(笑)

次も新曲で、英語の歌詞が多かったので
たぶん『脳』かな?と思ったんですが・・・。
これもかなり明るめのFUNKでハマりそうな曲です。
『Take U 2 The Rainbow Star』はメロディーは全く
『The Rainbow Star』とは違います。
でも虹をかける手の振りは同じなのでやりましたよ♪

本編のラストはやっぱり『CCK』
この辺りになると会場のボルテージも最高潮★
えぇ。熱気もすごくてすでに汗だく( ̄▽ ̄;)
チャカさんのC&Rアリ。竹内さんのラップもアリ。
特に竹内さんとケリーのギターバトルは相当長くて
内容もかなり刺激的でヤバいです(笑)
だって最後は床にかがんだケリーに足載せ状態ですよ?

そうそう!「ハイヤー」は可愛い子限定、年代別
あと男だけでVerアリ(笑)
10代だけで→「ちょっと多いんじゃない? 」
20代だけで→「まだ一部 嘘ついてるでしょ?」
30代以上だけで→「正直でよろしい!」
もちろんジャニ友さんと2人、正直に頑張りました(^^ゞ
男だけのとき・・・
かなり今回はメンズの数が多かったんですけど
そのビミョーな「ハイヤー」に
「そんなんじゃ僕は落せないよ?」とケリー(笑)
(いやいや。客席のメンズの方が落ちてますって・・・)

ラストには「皆で一緒に飛ぼう!」と
台の上から大ジャンプをしてくれました。
思わずバランスを崩して客席に落ちそうになったんですが
実は下にたくさん障害物があるのを忘れてたらしく
「僕の大事なエフェクターたちを避けたから」だとか(^^ゞ
ちなみに「このジャンプは危険なのでこれで今年最後にする」
らしいです←客席から軽くブーイング(笑)

そして両手を振りながらステージからはけていくケリー。
その時の笑顔が一瞬、素の剛くんに戻っていて
何とも言えず充実したいい表情でしたね~。

やがてケリーコールの中、再び登場。
ケリーの真摯な愛の言葉が客席にたくさん投げられます。
(記憶のみなんで・・・ニュアンスで感じて下さい)
「愛を信じることは難しい。つい愛に対して
臆病になってしまうけど、それでも僕は音楽を通して
こうして足を運んで下さった皆さんと繋がりたい。
FUNKしたい。これからも愛の循環をしていきたい。
皆さんも愛を信じて生きてることに感謝して下さい。
今日は本当にここに足を運んで下さってありがとう。」という
でもマジメな言葉のあとに(←こんな感じ?)
「僕は飽きっぽいので、これからも歌詞やアレンジ・・・
あとエントランスもどんどん内容を変えていくと思うから
よろちくお願いちまちゅね!わかりまちたか?」と
最後までケリーに翻弄されっぱなしでした(^^ゞ

でも珍しく、何度も「ありがとう」と言うケリーに
ジィ~ンときてとっても嬉しかったです。

アンコール曲は『Rainbow wing』
ブルージーでちょっと懐かしいメロディーの曲です。
歌詞も「蟻地獄で~」と斬新なんですけど
ケリーのボーカル力が炸裂!!
どこまでも伸びるシャウトの声が
身体を突き抜けていきました。
うん。もう魂わしづかみ(≧▽≦)

ラストはメンバー全員がマザーシップに乗り込み
最後にケリーが手を振って「また来るよ!」と言葉を残し
△ のドアの向こうへと消えていきました。
そして宇宙船が飛び立つ効果音がタンク②に響いて
公演の終わりを告げました。

とにかくライティングも綺麗で
かなりショーアップされてましたね~。
ケリーも初日とは思えないくらい
本当に楽しそうでいい感じでした♪
タンク②に行ってきたばかりなのに・・・
またケリーに逢いたくて仕方ないです。

それにしても・・・長いレポだ(苦笑)
次回の参戦予定日は3/25です(^^ゞ

@フジTVのHPの“イベント発Daily news”
 エンドリケリーの製作発表レポがUPしています

200703161552000_1
200703161600000_1
Endli15_1

その他のカテゴリー

244ENDLI-x 「WATERIZE」 | 244ENDLI-xライブレポ2008 | 24CH△NNEL | CHERI E | ENDLI★RADIO cosmology | FUNKY SPACE SICKNESS | FUNK詩謡夏私乱 | King・KinKi Kids 2011-2012 | KinKi Kids Concert ~Thank you for15years~2012~2013 | KinKi Kids L Concert | KinKi Kids M Concert | KinKi Kids 乙 Concert | KinKi Kidのブンブブーン! | LOVE EVENT HIGHER | shamanippon ship | TSUYOSHI'S RADIO LOVE-DHA! | TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU | TU FUNK TUOR 2015 | We are KinKi Kids DOME CONCERT2016-2017 ~TSUYOSHI&YOU&KOICHI~ | We are KinKi Kids Live Tour 2016 | イチゲンさん | トーキョーライブ22時~ | ファッション・アクセサリ | プラトニック | ラッシュ舞台挨拶 | 世界遺産劇場 | 剛紫ライブレポ | 十人十色 | 堂本剛とFashion&Music Book | 堂本剛のやからね | 天魔さんがゆく | 小喜利の私 | 小喜利の私 2014 | 小喜利の私 2015 | 平安神宮 2011 | 平安神宮 2012 | 平安神宮LIVE | 平安神宮ライブ 2013 | 平安神宮ライブ 2014 | 平安神宮ライブ 2015 | 平安神宮ライブ 2016 | 新堂本兄弟観覧レポ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 正直しんどいレポ | 第1弾KiNKi youコンレポ | 第2弾KiNKi youコンレポ | 美我空 | 芸能・アイドル | 趣味 | 銀魂 | 音楽 | ENDLI お台場ライブレポ2007 | ENDLIライブレポ2006 | ENDLI仙台ライブレポ2007 | Harmony of Winter-iD-コンレポ | KinKi Jコンレポ | KinKiφコンレポ | KinKi10thイベントレポ | SHOCK(2006)レポ | SHOCK(2007)レポ | SHOCK(2008)レポ | SHOCK(2009)レポ | mirrorコンレポ

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ