February 2020
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29

Categories

無料ブログはココログ

« PSブログ | Main | ココロ見 »

September 25, 2010

堂本剛とFashion&Music Book 9/18

今回は9/18日の
「堂本剛とFashion&Music Book」レポです。
(聴き取れる範囲ですので、ご了承下さい)


【BGM:Coward】
bay fmをお聴きの皆さん、こんばんは、堂本剛です。
さぁ「堂本剛とFashion&Music Book」
今週も始まりましたが。
え~、今日は9月18日ですけれども。
私、堂本剛はですね
ENDLICHERI☆ENDLICHERIのライブ
【CHERI E】のツアーを終えて
まぁ、少し経ったという所でございますけれども。
ライブといえばですね
まぁあの、今回も番組スタッフが
ライブに来てくれたファンの方に
インタビューして来て下さっておりますので
え~、その声を今週、来週の2週に渡って
お届けしようという風に
思ってる訳でございますけれども。


え~ここで1枚ね
男の子からいただいてるんですがね~。
ペンネームが「エンドリンさん」から。
「僕は札幌と代々木公演参加させていただいて
身体も心も盛り上がってしまいました。」と。
「ほんとに、いつも僕らファンに様々な愛や音楽
そして人生を生きる事に触れる剛さん
カッコ良すぎです。」と、言うてくれてますけれども。
「今回メールさせていただいた件は
今回のライブ【CHERI E】が
あまりにも楽しくなり過ぎちゃって
もう一度あのライブの音を聴いてみたいな」と。
「そう、僕が言いたいのはDVDか
もしくはあのライブを音源化して欲しいのです。」と
・・・いう風なね
うん~ま、要望がありましてねぇ。
え~、「スタッフの方々に
悩ませるオーダーをお許し下さい。」
・・・という風な事を書いておりますけれども。


ま、男の子も、非常にたくさん来て下さってて。
あの~、何でしょうね?
このDVDというね、響きもね、昔は何かこう
DVDって、あの~、何て言ったらいいんでしょうね?
ま、出していい物っていうか・・・
でもその、DVDを~
いわゆる、音楽を理解している人間がやっぱ
撮っていくべきなんですよね。
この、今言って貰ってる
例えばその、「この音をもう一度体感したいんです。」
じゃあ、その体感をやっぱり
彼と同じ体感出来た人がカメラを回して
編集してっていう風に
やっぱ、やっていくべきなんですよね。
これがどうしても、あの、仕事?
作業っていう風になってしまうと
これってやっぱり、伝わらないもんでね~うん。
だから、非常にやっぱり
アーティストとしては、あの~、出したい物ではあるけど
う~ん、そこが、不十分に、もしなるんであれば
ちょっと違うよなっていう。
まぁ、それぐらい、僕、今回の【CHERI E】は
音重視っていうか。
まぁ、とにかく楽しくやろうと思ってやったんで~。


で、何かねぇ、その、音が良かったっていうのは~
おそらく、理由は色々あげられるんですけどね。
まぁ、いつか、話出来る時は話してもいいけど~。
何か、その理由があって
色々こう、音が変わって行ったんですよね。
僕も実際、ゲネプロっていうか
皆がリハーサルやってるのを
正面から聴いて、音の調節とか色々するんですけど。
まぁ、会場によってはどうしても
あの~、場所によっては
綺麗に聴かせてあげる事が出来ない
会場とかもあるんですけどね。
まぁ、最大限皆が均等に、音がいいと思って貰える様な
箱作りっていうのを、まあ、朝やるので。
それで、皆の音をバァ~ンて初めて聴いた時に
音がねぇ、何かあの・・・ん~人間以上の何かね
説得力っていうか、何かを持ってたんですよ。


で、今回のツアー、何か、どうなっていくんだろうって
いい意味でね、うん~。
音が全然違うと思って。
でもこれはね、やっぱり、リハ時間が3日間
・・・って言うても
まるまる3日間あった訳じゃないねんけど。
ほんと、まあ、3日しかリハーサルはしてないので~
たぶんそこですね。
何かその、音楽の持ってる力ですね、うん。
いわゆるシステムとかどうこう云々かんぬんじゃなくて
音が持っている力っていう。
何かそれが明確だったんじゃないでしょうかねぇ、うん~。
まぁ、あともっと色々理由があるんですけどね。
何かそういうのが色々あって。
だからDVDも本当はね、あの~、随時出したいですよね。
出したいねんけど、このライブも急に決まっているんで
急に決まるという事は、DVDを出す会社とか
色んな所も急に対応していく訳でしょ。
そこが急に対応してくれたら出せるものでもあるよね。
でも、そこが対応しきられへんかったら
出えへんものでもあるしっていう所で、うん。


でもまぁ、僕は、DVD目指して
このライブはやってなかったから。
まぁ、とにかく目の前にいる人だけに捧げよう
最愛の人【CHERI E】という事だったんで。
本当はね、会場に来れなかった人とかも居るから
DVD化してあげたいと思うねんけれども。
まぁ、これぐらい興奮して体感してくれたっていう事は
僕もものすごく嬉しいけど
関わったミュージシャンも物凄く喜んでくれると思うな。
今回のライブは一番楽しかったって、ミュージシャン。
言ってもいいぐらいのライブでしたって
皆が言ってくれて帰って行ったんで、うん。
何かすごく僕も楽しかったし~
うん・・・っていうライブでしたね。
だからまぁ、急に対応したライブではありましたけど
やる事ちゃんとやったったで、みたいな感じですかね。


今日は皆さんからいただいたね
お言葉とか色々お伝えしていこうと思いますので
ファンの皆さんも楽しんで頂けるし
ファンじゃない人もね
「ふ~ん、そうなんだ~」って
「そんな感じなんですね~、剛くんって」と
思って貰えるものがあると思いますけれども。
お時間のある方は最後まで
聴いていただけたらなぁ~という風に思います。
それでは、まずは『Let’s Get FUNKASY !!!』
こちら聞いて頂きましょう。
どうぞ。


★1曲目『Let’s Get FUNKASY !!! 』<244 ENDLI-x>


【BGM:Let's Get FUNKASY !!!】
改めまして、こんばんは、堂本剛です。
さ、「堂本剛とFashion&Music Book」
え~、今日もですねぇ、始まりましたけれども。
先程ちょっとオープニングで話しましたが
2週に渡ってのスペシャル企画でございまして。
今回は、ENDLICHERI☆ENDLICHERIライブ
【CHERI E】のですね
国立代々木競技場第一体育館に来て下さった
お客さんにインタビューをさせていただきましたんで。
その質問が、おじいちゃんおばあちゃんとの
忘れられないエピソードというのをですね
ちょっと聞いてみましたと。
今度の月曜日9月20日が敬老の日という事もあったので
ライブに来てくれたファンの皆様の
おじいちゃんおばあちゃんはどんな人だったのか
どんな人なのか等様々な事をですね
ちょっと教えて貰おうかな~、なんて思って
色々と聞いてみました。
で、とにかく忘れられないエピソード
まぁ、そういった色んな思い出ですね
それをちょっとお伺いしましたんで
まずはそちらを聞いていただきましょう。
どうぞ。       
【BGM:濡れ鼠】


☆20歳の男性。東京都のカズーさん。
ちょっと何年か前に亡くなった
おじいちゃんの話なんですけれども。
凄く穏やかな性格というか
ほんわかした人だったんですけど
イメージとしてはいつもニコニコして
お酒を飲んでる様なおじいちゃんだったんですけど。
子供の頃の思い出は、怒られた事がまず無くて。
優しいので、自分自身も調子に乗っちゃった所が
あったと思うんですけど
ご飯を食べてる時に、おかずを使って
お手玉みたいに遊びはじめた時に
初めておじいちゃんが血相を変えて
凄く叱られました。
そんな優しいおじいちゃんが叱ったぐらいの事だから
本当に、食べる物を大事にする
大切にするっていうのは
凄く人間として大切な事なんだろうなっていう事を
幼いなりに感じて
それからずっと、それは貫き通して生きてきました。
感謝してますね。
尊敬してます。
もし、おじいちゃんに会えたら?
自分の夢の事ですかね~。
将来の夢の話をしたいです。

☆19歳の女性。千葉県の鈴○さん。
おじいちゃんも去年の10月に
亡くなっちゃったんですけど。
小学3年の時だったんですけど
私が転んで、笑い話の様なんですけど
タイヤ止めに頭をぶつけて血を流した時に
「そんなの血じゃない」って言われた事が
忘れられないです(笑)
戦争を生きてきたので
「そんなの怪我に入らねぇ」って言われたのが
忘れられないです(笑)
お母さんが「じゃあ、血じゃない」って、ガーゼで押さえて
病院行かずにそのまま自然治癒力で(笑)
ここ、傷あるでしょ?
ここから髪の毛が生えてこない・・・みたいな(笑)
その言葉は何か「こんなの血じゃないんだな」みたいな。
強くなりました。
人としても、身体も(笑)


☆29歳の女性。埼玉県のともこさん。
私は、小さい頃に、おじいちゃんとおばあちゃんも
亡くなってたりとかして思い出が無いので
毎年、敬老の日は、両方のお墓参りをしに行って
元気に育ってますという報告を毎年しに行ってます。
もし今、おじいちゃんおばあちゃんが居たら
どこか一緒に色んな所へ
行ったりとかしてたかったと思います。

☆25歳の女性。東京都のよしみさん。
今、おばあちゃんと住んでるけど
今からお話するのは
別のおじいちゃんとおばあちゃんで。
おばあちゃんが先に亡くなってしまったんだけど
成人式の時に、おじいちゃんから
真珠のネックレスとイヤリングをプレゼントして貰って
「よしみの成人式の時に贈ろうって
2人で選んでおいた。
その年に採れた中では一番大きな粒なんだよ。」
・・・っていう手紙がついていて。
で、おばあちゃんも亡くなってたんですけど
「おめでとう。二十歳の時に贈ろうと思って
2人で選んでおいたんだよ。」
・・・っていう手紙がついてて、泣きました。
今、思い出しても泣ける。
おじいちゃんは結構、喋れなくなってたけど
でも、早い段階でそうやって思って
2人で選んでてくれたんです。
ついこないだ、2月ぐらいに
そのおじいちゃんも亡くなっちゃったんですけど。
本当に、もっと会いに行っておけば良かったなって。
私の結婚式まで見せてあげたかったかったなって。


はい、という事でね・・・
色々、おじいちゃんおばあちゃんの思い出の話たくさん。
まぁ、あれですね~
何かその、カズー君からいくとね
「おじいちゃんに会えたら
将来の夢の話がしたい」っていう。
まぁ、今本当にその~、夢を持つっていう事もものすごく
大人見てて、あるいは政治家見てて、メディア見てて
持ちたいと思えるかと言ったらものすごく難しいよね、うん。
でも、そこで夢を持っているって事は
ものすごく素晴らしい事だなと思うし
夢っていうのは夢のままにするのではなくてね~
現実にして欲しいなと思うけど。
それをまた、おじいちゃんにね~
話したいっていう気持ちも
すごく美しいなと思いますね。
まあ、おじいちゃんが初めて怒ったっていう
おじいちゃんも、その、いわゆる
ん~ごはんを食べるという事が
今の若い僕達とはまた違う経験してきてるとか
色んな意味も込めて、だったんだろうな~とかね
思ったりしますね。
ま、でも、おじいちゃんも今そうやって
「あぁ、そんな風に思ってくれてるのかって」いうのはね
必ず届いてますから。
そのまま生きたらいいと思いますし。


で、かすみちゃんなんかは
血流してもそんなん血ちゃうって言われて。
でも、ここで戦争という言葉はね出たけれども。
これって、今戦争が無いっていう事ではないからね。
で、組織の戦争とかね、人が生きていくのは
いじめもそうですよね。
色んな事において、やっぱり
あってはいけない事っていっぱいあるんですね。
やっぱり、色んな事情があって色んな事があって
色んな物事っていうのが起こってると思うんですよね。
僕はやっぱり、戦争の時代に生きていないので
何も言えた身分では無いけれども。
おじいちゃんも戦争に行ってたし
おじいちゃんの話も色々聞いたりとかしたけれどもね。
本当にげっそりやつれて帰ってきたって言ってたけど、うん。
だから、僕のおばあちゃんも
もうずっと前に亡くなってるけど
自分のお母さんをおんぶして、空襲の中走ったりとか
色々したっていう話を聞きました。


でも、そこでお母さんが亡くなってたら僕居ないんでね。
おばあちゃんがお母さんを守って、お母さんも生き抜いて。
だから僕が生きてるっていう事。
何かそのエピソードからそういう事を聞いてたりとかして。
だから、やっぱりこう
昔の人のたくましさと今の僕達のたくましさって
また違ったりするし。
価値観も少し違うんだけどね。
でも、そういう「血じゃない」との
おじいちゃんとのエピソードがあれば
自分が例えば怪我をした時とか
あるいは、自分が誰かを傷つけた時に
あるいは傷つける前でとか
やっぱり生きていくって事に対して
ものすごく強いメッセージ貰ってるな~って
ちょっと、僕は思って聞いてましたけれどもね。


ともこちゃんも“敬老の日”に
元気に育ってますって手を合わせに行くっていう。
で、生きてはったら色んな所に
行ったりしたかったっていう風にね
言うてやるんですけど。
やっぱりこの、ん~僕なんか宗教入ってないから
何か、いわゆる昔の流れである
お墓があってお墓参りに行って手を合わせてって
まぁ、普通に僕もやんねんけどさ。
僕もよくお墓に話かけてますけどね。
「いつも守ってくれてありがとう」って言って、うん。


僕なんかもう、おばあちゃん
夢に出てくるからね 何かあると。
例えば、おばあちゃんがお風呂の中で
青い顔して湯船につかってる夢とか見るんですよ。
なんやろな~と思うでしょ。
お母さんに報告するんですよ。
「お母さん、あのさ~」って言って。
もしかしたら、この間台風来たから
お墓、何か水浸かってんのかなとかって言いながら。
で、行くと、やっぱあの~
骨の入ったね、箱がちょっとこう
水がちょっとこう溜まっててとか。
そんなん、結構おばあちゃん飛ばしてくるんですよ。
メチャメチャ飛ばしてくるんですよ。
だから、おばあちゃん生きてんちゃうかな?と思いますけど。
まぁ、僕がフィルターになって
お母さんに伝えてっていう。
おじいちゃんもそうやし。
もう、とにかく僕が電波塔みたいになってるんですよ。
で、お母さんに言うと
お母さんが閃いて、そうやったりするっていう。
そんなんいっぱいあってね。
そうそう、だからいつも手を合わせる時に
話かけてしまうんですよね、何か。
そんな関係性なんで、うん~。


で、この、よしみちゃんも、ねぇ~
亡くなっちゃってんけど
プレゼントして貰って
何かこう今思い出しても色々泣けてくるっていうね。
二十歳の時に贈ろうと思ってたっていう。
やっぱり、自分はさ、それこそ孫とか持った時にとか
色々考えるとやっぱ、成人って
すごく大っきいステージですからね、うん~。
「私の結婚式まで見せてあげたかった」
・・・っていうのが、うん。
まぁ、ものすごく切ないけど
人ってね、やっぱり死んでいくんですよね。
亡くなっていってしまうから。
でもこれってマイナスな事として捉えるのではなくてね
やっぱりそれを繰り返し来てるから、僕らというものは。
でもね、死んでしまったら終わってしまうんよ、色んな事が。
だから今を一生懸命生きるとかでもない。
とにかく、やっぱ自分を一生懸命生きるという事は
皆が出来る事。
ただそれだけやと思うねんな。
でもこうやって、僕なんかもいっぱいね~
エピソードあんねんけどさ、おじいちゃんおばあちゃんの。
でも、みんなの共通しているのは、本当に愛してるねんな。
それだけ愛されたんやと思うけどな。

なるほど。
まぁ、何やろな?
きりないよね、この命の話っていうのは。
僕なんかやっぱ、東京出て来ちゃったんで
入院している時に帰ってあげれなかったのが
すごく今も悔いに残っています。
やっぱりおばあちゃんも急に亡くなっちゃったし。
入院しててんけどね。
おじいちゃんも、夜中寝ている時やな、電話鳴って。
何か嫌な予感がして、うん。
ほんだら、「今、お亡くなりになりました」って言われて。
でも、その前なんかは会いに行っててんけどね、よく。
で、看護婦さんに「自慢の孫や」って言って
よう言うてはって。
行く度に一緒に写真撮んねんけど。
その写真、枕元飾ってって言って。
やってくれてあったけどね。
でもやっぱり、大切な人が亡くなれば悲しいし。
大切な人が輝けば嬉しい。
これはもう、みんな一緒やねん。
まあ、皆さんも是非ですね、一度きりの人生ですから
自分らしくね、輝いて欲しいなと思いますけれども。


え~、来週もこのインタビュー第2弾ご紹介するので
お楽しみにしていただければなという風に思いますが。
このままですね、エンディングに突入して行きますが。
え~、まぁ、あっという間でしたけれども。
今日はあの~、そうですね
おじいちゃんおばあちゃんとのエピソードっていうのをね
会場に来られた方にお伺い致しましたけれども。
まぁ、僕が本当にその
音楽とか表現の中で伝えたいっていうものが
この、命とか愛、希望ってていう事なのでね、うん~。
まぁ、会場に来ていただいた方に聞くテーマとして
ものすごくピンとなってるというか
ものすごく聞きたい話でもありましたね。
自分のおじいちゃんおばあちゃんを心に思い出しながら
自分が今どんな優しさを
投げてあげられるかな~なんていう事もね
含めて考えて貰えたらいいなぁ~という風に思います。
まぁ、リスナーの皆さん様々なメッセージ
送っていただけたらなぁ~とも思っております。


さぁ、そして、私、堂本剛の最新情報は
変わらず「tsuyoshi.in」の方で。
ネットの方でお伝えしていくんですけれども。
更にそこにアクセスしていただきますとですね
堂本剛の情報配信サービスっていうものが出てきます。
そこに登録していただきますと
僕のライブの最新情報だったりとか
そのライブチケットはもちろん
予約もそうなんですけれども
登録して頂いた方には先行で予約できたりとか
まぁ、色々、いち早く情報をお伝えするという
そういう配信サービスできました。
そこ登録していただくと携帯にフィーンって届いたりとか
色々するようになってるんですけれども。
まぁ、そういうものもちょっとこう
新しく入ってきましたんで
そちら皆さん、上手くフル活用していただきながら
登録ぜひしていただきたいなと思います。
登録は無料ですので、是非、皆さん登録して下さい。
あと、堂本剛にそんな興味ない人にも
とりあえず登録させてみたりとかしてみて下さいね。


さっ、その堂本剛配信サービスから
もう届いてるかとは思いますけれども
これまた急に平安神宮の公演が決まりました。
京都の平安神宮さんの。
こちら日程が10月の6日と10月の7日でございます。
両日共に夜の6時半から8時半まで。
2時間ですね。
で、え~っと、時間厳守なんですよ、音の。
8時半以降、絶対音出せないっていう
時間厳守な場所なので、2時間の間で
皆さまに何を捧げられるのかっていう事を
今考えている所です、えぇ。
で、ちょっとこう、急にいただいた嬉しいお話なので
え~どう作って行く事が
ベストなのかとか色々ありまして。
これまた色々大変ではございますけれども
この両日10月6日7日に向けて、
今、生きておる所でございます、はい。
【BGM:OH LORD!】


いつもこうやってね、神様から
こういった修行いただくんですよ、いつも。
さぁ、これをどうすんねんっていう、うん。
まぁ、でも、こういった時にね
おじいちゃんおばあちゃんの話も今日ありましたけど
こういった時に生きているって事はね
皆さんの記憶に残る事であるから
色々捧げたいと思って色々がんばんねんけど。
その前に、ありのままとか
ん~自分が今出来る事ですよね。
それを気にせずにって言い方は変ですけど
もう余計な事は捨てて、 その日に捧げるっていう様な
そういう状態に持って行ければいいなって言う様な
そんな2日間ですかね、うん。
ですから、凄く、ありのまま、自然のまま
出来る様なステージのメニューにしょうとは
思っていますけど。


何か、無謀な事並べると、ちょっと大変なんで。
手を抜くという事では無いんですよ。
薬師寺さんではね、派手な事やったりとかもしたから
じゃあ平安神宮さんでこんな事やろうかなとか。
ちょっとまぁ、色々構想中ではございますけども。
中々、ちょっとまだ段取りも決まってなくて
想像も途中で止まってしまう様な状況ですけど、うん。
まぁ、この日は皆さん楽しみにしてて下さい。
僕も楽しみ、うん。
まぁ、急に決まるって色々ね
嬉しい事ではありますけど
大変な事でもありますよね。
それがまた人生ですから頑張って行きたい。
一生懸命その時間を楽しもうと思いますけれども。
え~という事でございまして
「堂本剛とFashion&Music Book」ね
今夜は『OH LORD!』という曲を
聴いていただきながら
お別れしたいと思いますけれども。
お身体には、皆さん、どうぞご自愛下さい。
それでは皆さん、またお会いしましょう。
お相手は堂本剛でした。
また来週、さようなら!


★3曲目『OH LORD!』<244 ENDLI-x>


・・・とこんな感じでした。


インタビュー企画も第2弾でしたけども
生の声が届くっていいですね。
スタッフさん、今回も
あの暑い中インタビューありがとうございます。

敬老の日にちなんでというのも
なんかホッコリしますねぇ。

ウチの息子にとっては
私の亡くなった両親が祖父母なわけですが
今、18歳なんですけど
二十歳の姿、みせたかったですね~。
でも、剛くんのお話にもありましたけど
なんか色んなことで通じてる気がするし
すごく守ってくれてるって常日頃感じますし
手を合わせて、感謝しております。

平安神宮のLIVEもまた急なオファーで
剛くんもバンドメンバーさんもスタッフさんも
色々大変だと思いますけど
その日限りの音との出会い
楽しみにしてます♪

気温の変化も激しいので
剛くんもどうかお身体御自愛下さいませ。


      
(9/27日発売E☆Eの記事掲載)


« PSブログ | Main | ココロ見 »

堂本剛とFashion&Music Book」カテゴリの記事

Comments

こんばんは♪
今回のラジオ、ほんとにホッコリしましたね
若い人たちがこんなふうにお祖父さんお祖母さんに優しい気持ちをいだいていることに心温まりました。
さすがに剛くんのライブに来ている子だけのことはありますね
「人が死んでいく事をマイナスに捉えるのではなくて」
という剛くんの言葉にも涙しました。
私くらいの年になると亡くなる人が周りに増えて
親も年老いていくし
そんなやるせない心を救ってくれる剛くんの言葉
ほんとに31歳とは思えないです。
あんなに忙しいのに母親や祖父母に会いに行ったり
急に決まったライブも「神さまからいただく修行」って・・
ほんと頭が下がります(_人_)
剛くんってやっぱり凄い人ですね~

>U5さん
こんばんは
お返事が遅くなってすみませんm(__)m

こういうテーマを語り合うことも大切ですよね~。
私も皆さんの優しい気持ちに
あったかい気持ちになりました。
これもまた愛の循環ですよね。

私も母が亡くなった時に
すごく死とうものを意識して
考えるようになりましたけど
そんな時にも剛くんの歌に救われました。

忙しい中でも家族やご先祖様を大切にし
日々、感謝の気持ちを忘れず
自分に課せられた“お務め”を
修行として捉えることが出来る
本当に頭が下がります。

こんな素敵な人のファンでよかったと
つくづく思いますね

Post a comment

Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.

(Not displayed with comment.)

« PSブログ | Main | ココロ見 »