Categories

十人十色

October 25, 2011

「十人十色 水声~suisei~」10/24日 レポ

「十人十色 水声~suisei~」参加してきました。
本日は22時6分終了。


▲セットリスト▲
①月(ピアノ演奏)
②空が泣くから
③NIPPON
④White Dragon
⑤Love is the key
⑥Say Anything
⑦時空
⑧ソメイヨシノ
⑨街

アンコール
①Nijiの詩
②ご当地セッション(大仏サンデミュージック)
③Blue Belly


オープニングは・・・
蒼い海に浮かんだ月の光に照らされ
一面ドライアイスの
幻想的なステージで剛くんのピアノ演奏。


バックの映像も福島の時とは変化アリで
『愛鍵』の時は歩いてくる人が
立ち止まり涙を流して水たまりになりそれが海となる
・・・みたいな映像があったり(←思わず釘づけ)
『ソメイヨシノ』の時には
散る花びらに合わせて
剛くんの上に本当の花びらが舞い降りてました。
髪についた花びらを
小首かしげて取る仕草が
乙女で色っぽかったですheart04


曲のアレンジも更に大人なジャジーに
すごく洗練されてて
メロウな『白龍』がとても新鮮でした。


今日の剛くんはタンクトップに
紺の和風なアウター、サルエルパンツ。
右わけのナチュラルヘアーで
とっても美しかったです。


ちなみにMCでのご挨拶では
「世の中の堂本の中で1番可愛い堂本剛です」と(笑)
ラストは「奈良の水の妖精、堂本剛でした」


圧巻の『街』はまるで
日本中みんなへのエールのようで
号泣しちゃいました。・゚゚・(≧д≦)・゚゚・。


ご当地セッションは
今日だけ参加出来た
スティーブさんや十川さんも飛び入りして
「大仏サンデミュージック」の
コール&レスポンスで大盛り上がり♪


「ダイダイ・ブツブツブツ・平城京!」と
(←ブツブツブツがかなり言いにくい@笑)
ファンもかなり頑張りました(^^ゞ


剛くんのアバターとの神前結婚式での
「ちょっ、祝詞の最中にしっぽやめてや~」
「しっぽがかゆくて~」みたいな・・・
1人小芝居で広がる妄想話とか(笑)
昨日のセッションでの
竹ちゃんの吉○三風な歌い方を
マネしてイジるトークに大爆笑でした。


楽器なしの手ぶらで参加したスティーブの
ただ手をうつだけというクラップ教や
建さんのサルサダンスなど
かなりフリーダムなステージ(笑)


最後は『ブルベリ』でしめたあと
更に7回、12回のジャンプでラスト。
剛くんも本気で息を切らしちゃうぐらい全力でジャンプ。
歌声もしびれましたし
最高に盛り上がって
本当に力いっぱい楽しかったです!!


来年はシャーマンで大きなこともやるそうですし
もう少ししたらみんなの喜ぶことも
お知らせ出来るそうshine


笑顔でたくさん、たくさん手を振って
ステージをあとにした剛くんでした。


とりあえず、サックリレポで失礼しました。
記憶のみなので、記憶違いはお許し下さいませm(__)m


      
(11/7日発売予定)        (平安神宮レポ掲載)

September 17, 2011

「十人十色」會津風雅堂LIVE 9/16日レポ

201109161441001

福島會津風雅堂LIVE、参加して参りました。
(18時30分開演、21時24分終了)
今回はマイカーでの遠征でしたけど
プチ福島観光も満喫しましたし
LIVEは最高に盛り上がって楽しかったし
すごく元気貰えたし
本当に参加出来てよかったです。


<ネタバレ注意>
記憶のみの思い出しレポなので
記憶違い、順不同はご了承下さいませm(_ _)m


本日の剛くんのファッションは
フレンチスリーブなゆったりサイズの柄Tシャツに
薬師寺の時の前掛け風の黒のパンツ
紺の麻のジャケット。


ヘアスタイルはピッチリセンターわけの
ストレートヘアー。
お髭はなし。
ファンクセッションで乱れた前髪を
モデル風に横からかきあげる姿が
超絶セクシーでしたheart04


【セットリスト】
オープニング
『縁を結いて』十川さんによるピアノ録音

① 縁を結いて
② NIPPON
③ 音楽を終わらせよう
④ Love is the key
⑤ PINK
⑥街
⑦ Say Anything
⑧ソメイヨシノ
⑨時空
⑩赤いSinger

⑪ Nijiの詩
⑫ FUNKセッション 「FUKUしまFUNK」
⑬Blue berry
⑭ー So 街の片隅でー

【バンドメンバー】
建さん、スティーブ、竹ちゃん
ひらおかけいこさん、名越さん
サスケさん、ふさはらさん
かわしまさん、白根さん
スゥインゴさん

奈良の十人十色のセットリストと
ほぼ同じでしたけど
『叶えKey』ではなく
『音楽を終わらせよう』でした。


今回もバックスクリーンに
剛くんからのメッセージが曲ごとに映し出され
宇宙のようなイメージで
最初は「僕から君へと愛していく」


ピアノがスゥインゴさんということもあってか
どの曲もかなりアレンジが違って
『NIPPON』と『SayAnything』は
すごくジャジーな雰囲気でした。


今回は『PINK』からは
珍しくスツールに座って(←なにげに内股@笑)
歌う剛くんでした。
まさに今日の歌い方は語りかけるようで
手の動きもともなって
心での対話・・・そんな感じ。


レーザーの演出もすごく美しかったです。
『時空』はいつもは奈良を感じますけど
今日はまさに『時空』を超えて
壮大な宇宙を感じました。


『赤いSinger』
艶めきどこまでも伸びる高音。
圧巻の歌声に聴き惚れました。


アンコールでの『Nijiの詩』は
確か奈良では「愛音、哀音」と
歌ってたと思うんですけど
CDの歌詞と同じく今回は「愛暴動」でした。


・・・とMCをはさんで
しっとり、歌いこむ剛くんとは一転
後半は別人か!?と思うくらいの(←本人談@笑)
可愛くてフェロモンダダ漏れで
最高にファンキーな剛くん。


セッションは最初、「コードをEで」と
福島ファンクをやり始めますが
ジャジーな大人なムードになってしまい
「(手で中止の合図)やめやめ。
ここはバーか!笑」と剛くんが仕切り直し(笑)
そして「こんな感じ。ふんふん~♪ルールー♪」と
剛くんがハミングで伝えようとしますが
客席もバンドメンバーも
全員「??」な感じに(笑)


「あれ?楽屋ではいい感じに
(頭の中で)出来上がってたんやけどな~」と
ここでスキルを試されたのがサスケさん(笑)
剛くんから口で伝えられたサウンドを
最初は探り探りな感じで吹きますが
「そう!それそれ!」と
剛くんもノッてきて
客席も盛り上がってきていい感じに♪


FUKUしまファンクは
剛くんが「F・U・K・U」
客席が「しま~」とコール&レスポンス。
これ、段々「しま~」が
自分でも可笑しくなってきたのか
途中から口をおさえて笑いをこらえる剛くんが
めちゃめちゃ可愛かったです。


そして『Blue berry』
フェイントカウント、ジャンプあり。
もうお腰様全開で、肩を揺らし
キレキレのステップでリズムを刻む剛くんに
悩殺されまくりheart01(←おそろしい子@笑)
客席も「フ~ッ!!」と
ボルテージも最高潮upupup


あとその剛くんの姿とか
建さんのベース姿とかが
バックスクリーンに同時に
線画のようなタッチで変換されて
映し出されるんですけど
その演出が最高にカッコよかったです!!


MCでは・・・
「福島、来たね~。よく釣りで来てたんです。
ただ釣りするために、ですけど(笑)
マネージャーの運転する車で
なぜか『チョコレート・ディスコ』を
ずっと聴かされながら
何でチョコレートディスコやねんと思いながら(笑)


今日も自然豊かな景色を見ながら
ええところやなぁ~と思いながら
運転してきましたけど
またこのあと(東北3days)も
奈良にちょっと行こうと思ってますけど
走行距離すごいですけどね(笑)
竹ちゃんがね、運転してくれると思いますけど(笑)


いやぁ~オープニング
まさかの『縁を結いて』での
グルーヴを無視した
パンパンだったり、裏打ちだったりの手拍子に
ビックリしましたけど(笑)
スケジュールが合わずここに来られなかった
十川さんの想いをこめたピアノ演奏の録音を
繊細なタッチを見てただけに
切ないものがありますけど(笑)


(奈良の十津川や和歌山の那智の被害や
あとボランティアの方のことにふれたあと)
震災の時には僕はビルの30階に居て
すごく揺れましてね~。
そんな中、出口を確保したりしてたんですけど
そのあと、避難しまして
みんな大丈夫かな~と思って
ツイッターやネットで見たら
自分のことよりも
「剛くん生きてるかな~?大丈夫かな~」と
心配してくれてるのを知って
何とか早く、伝えたかったんですけど
そんな時でさえも、システムというものがあって
中々それが出来ない。
何かしたいと思いながら
イラついていたんですけど
出来ること、やりたいことを考えてました。


そしてこういうカタチでなら
やることが出来るというので
今日、ここに来させていただきました。


何か特別な話をしようという
そんなつもりもなくて・・・
ただ、皆に愛を届けたい
元気になってもらえればとそう思って
福島にこられて
何より皆さんと逢えたことが嬉しいです。


「正直者は馬鹿を見る」と昔から言いますが
やっぱりね、それではつまらない。
真っ直ぐ、自分らしく優しくしていれば
自分の望む未来にきっとたどり着けるはず。
1人1人の心の痛み悲しみを分かち合うこと
理解してあげること
皆さんの生きていく優しさを勉強させてもらっています。
自分が胸が痛むときほど人に優しく
傷に優しくあげて下さい。
愛情優しさは絶対に自分に返ってくるものですから。

この地に留まる人、ここを去る人
それはもうこのLIVEのタイトルどおり
十人十色の選択だと思いますが
どれが正しいなんてないですから
自らNijiをかけるような気持ちで
これからの毎日、自分らしく
自分の愛する場所で愛する人たち共に
愛する自分で生きていってほしいなと思ってます。 」


ヨーロッパ圏でのアルバム『NIPPON』のリリース
10月のなら100年会館での3daysLIVEの告知。
来年はSHAMANIPPONで
デカいこともやる予定だそう。


FUKUしまファンクの終了後
客席の「え~~!」の声にこたえて
風雅堂の音出し時限の都合があるので
「じゃ、あと1分だけ」と
奈良でも披露された即興ラップ
『-so 街の片隅でー』


「キスの仕方を教えてあげるよ」に
客席悶絶( ̄ii ̄)ツー
自分では「ダサい」とウケまくりな
剛くんでしたけど
もうリリースした方がいいくらいの
完成度でめちゃめちゃカッコよかったです。


ちなみに何にもやることがなくなったら
「ニセモノ」というアーティスト名で
リリースするかもと(笑)


バンドメンバーの紹介のあと
最後は、「奈良の水の妖精、堂本剛でした。」


「残暑厳しいでございますけど
季節がごちゃ混ぜになるので
気をつけていただきたいと思います。
世界が厳しし、色んなことがたくさんあるけど
自分らしく生きることが大事。
色んなことに惑わされず
自分の信じる道をいかはったらいいと思う。
僕もそうして進んでいます。
自分らしい人生を愛する人と愛する場所で
真っ直ぐな自分で生きてほしいなと思う。
今日はたくさんの愛をありがとうございました。
また逢いましょう。
また来年も福島に来たいと思ってますんで
水の神様に縁のある場所で・・・あるんですよ
そこでちょっと考えてますから。
それでは皆さんおやすみなさい。」


客席からの「ありがとう~」「あいしてる~」
勢い余っての「だす(だいすき)」には
「えっ!?だすって(笑)」とウケまくりな剛くん(笑)


今日は最高の1日(笑)
(客席の完コスな男子とその友人に)
その子、お2人は付き合ってるんですか?
友達?ふっ?そんな付き合ってないのにライブって(笑)
今日は何もなかったけど、今夜・・・
僕はそれを思いながら移動します(笑)
この2人のようにまた愛し合いましょう。
さようなら~!」


ちょっと今までに味わったことがないくらい
両手でたくさん、何度も何度も隅々まで
可愛い笑顔で最後までたくさん手を振って
笑顔ではけていった剛くんでした。


楽しかった~!!!
剛くんも言ってましたけど
福島の皆さんに元気を届けようと思っていたのに
かえって、元気をいっぱいいただきました。
福島の皆さんの剛くんを待ってた気持ちが
歓声や拍手から痛いくらいに伝わってきて
すごく感動しました。
福島の皆さん、愛をありがとう。
そして剛くん、ありがとう。


自分に出来ること
頑張っていきたいと思います。


拙いながらもご報告レポでした(^^ゞ
読んで下さってありがとうございました。


       
(カバーストーリー剛くん)

June 05, 2011

「十人十色」6/3日レポ(追記)

6/3日の「十人十色」LIVEレポの追記です。
記憶のみの思い出しなので
MCはニュアンスで
順不同・記憶違いはお許し下さいませm(_ _)m


▲バンドメンバーは剛くんを含めて11人。
十川さん・スティーブ・竹ちゃん
あいごん・豪太さん・建さん
ひらおかけいこさん
サスケさん・ふさはらさん・川嶌さん


ちなみにコーラスのひらおかさんは
名越さんの奥様だそう。
剛くん「誰の奥さんかわかる~?」

客席「つよしー!」

剛くん「僕!?(笑)
そばに置きすぎでしょ!
どんだけそばに置いてるんですか(笑)
僕の奥さんじゃないですよ。
こう髪の毛の長~い・・・」

客席「あぁ~!」(←名越さんだと判明)

剛くん「名越さん
今日客席にいらしてるんですけど・・・
名越さん、どこ~!?」

客席「ここ~!」(←名越さんをみんなが指さし)

剛くん「ここ~!って
みんな指さしてるし
バレバレじゃないですか(笑)」

スポットがあたって
照れる名越さんでした(笑)


▲MCの最初では・・・
「日本政府なみの
緊急なインフォメーションにも関わらず(笑)
みなさん、こうして来て下さって
ありがとうございます。

今回もすごい倍率だったようで
すごくたくさんの方が多く応募してして下さって
多くの人がもれたということも
チケットがなくても奈良に来られた方が
いるとも聞いています。
来ることが出来なかった方も
これから色々考えていますので。
来れなかった方に愛を結いて下さい。

十人十色は人それぞれではなく
プラス人、プラス色という意味。

今、太陽エネルギーがどうとか
第3のエネルギーがどうとか・・・
それも大事ですけど
これからは人のエネルギーが
本当に必要だと思う。
人のつながりだとか
人が力を合わせることで生まれるものが
日本を支えると思う。」


▲「NIJIの詩」
5年前くらいに創った曲で
2008年、「WATERIZE」で披露された曲。
あの時、参加していたので
聞き覚えがありました。

歌詞で印象深かったのが
「哀 音(あいを)歌う」
「愛 音(あいを)叶える」

希望を感じる曲調です。


▲ブルべりのあと
剛くん「みんなすごかったね~。
うわぁ~って弾けてて
もうゴリラみたいな勢いやったもん。」

客席「え~っ!!(←ブーイング@笑)

剛くん「ゴリラみたいな勢いやから。
ゴリラじゃないからね。
ゴリラやったら、僕逃げますよ(笑)」


▲セッションのあと残り3分
剛くん「あと3分あるから・・・
なんかしよっか。
・・・総選挙する?(笑)

ん~じゃ、アレやろっか!
(アレって?な客席@笑)
3音弾いて・・・」

と、神が降りない男(←竹ちゃんのこと)の
リフから始まる即興曲を披露。

剛くんの即興フェイク
即興とは思えないほどの
ソウルフルな歌声に聞き惚れました。
アレでわかる竹ちゃん、さすがですshine


■6/15日発売KinKiKidsのnewシングル『Time』■

        
 (初回盤 DVD付)


June 04, 2011

「十人十色」6/3日レポ

なら100年会館での「十人十色」LIVE
初日参加して参りました。
本日は21時30分すぎに終了。


【セットリスト】
①縁を結いて
②NIPPON
③叶え Key
④Love is the key
⑤PINK
⑥街
⑦Say Anything
⑧時空
⑨ソメイヨシノ
⑩赤いSinger
⑪Nijiの詩

MC
CCK
blue berry
セッション
即興曲


オープニングは静かなピアノから
『縁を結いて』で始まって
『NIPPON』『叶えKey』
『赤いSinger 』まで
まずはノンストップで
本編は11曲連続。


十人十色はプラス人プラス色
という意味でもあって
バンドメンバーも剛くんを含めて11人と
11曲にこだわったそう。


本編はスクリーンに映し出される
歌詞をモチーフにしたメッセージのみで
無言のままトークなしで
歌だけで終わるのかと思いきや・・・
アンコールからは
「初めてしゃべりました。
いつしゃべるのかと思ったでしょ?」と
改めての自己紹介から楽しいトーク満載♪


立ち姿は少年のようなのに
でも表情はとっても凛々しくて
歌はめちゃくちゃパワフルでした!!
なんとなく『PINK』も『街』も
今まで聴いた感じとは違って
剛くんの決意みたいな
力強さを感じました。


『ソメイヨシノ』は
スクリーンに映し出された言の葉が
まるで桜の花びらが零れ落ちるように散る様が
とても斬新な演出でした。


『赤いSinger』 は
剛くんの心臓をモチーフにしたものが
赤く鼓動を刻む映像をバックに
もうLIVEで聴くための曲と言えるぐらいの
圧巻の歌声にしびれました。


アンコールからは
ハイヤーもブルベリもジャンプもあってノリノリ
超盛り上がりました。


ちなみにアンコールの衣装がセクシーで
黒のノースリに透け感のある大判ストールを羽織り
身体に巻き付け、顔を隠しながら
さながらお腰様全開のベリーダンサー(笑)
髭なしで可愛い笑顔をたくさん見せてくれました。


セッションで恒例のフェイントを指示しながら
激しく踊る剛くん。
ノースリからブラヒモ(←違っ)がチラリheart04
リアルにそれをあげる姿が
完全に女子でした(笑)


そして嬉しいお知らせもアリflair
平安神宮ライブ決定shine(詳細は後日)
アンコールで歌ってくれた
新曲『NIJIの詩』リリース決定shine
あともう1個、いいお知らせもあるそう♪


最後の挨拶は
「奈良の妖精、堂本剛でした」と脇を隠して(笑)
たくさん手を振ってくれた剛くん。


奈良の妖精に今夜も悩殺されました(≧▽≦)
剛くんにパワーと愛を届けるつもりが
またたくさんの愛とパワーをもらったなぁ~。
剛くんの元気な姿が見られて本当によかったです。


とりあえずさっくりレポで失礼しました(^^ゞ


201106031717000
(グッズ:ストール)


201106031716000_2
(グッズ:お香セット カードセット) 


その他のカテゴリー

244ENDLI-x 「WATERIZE」 | 244ENDLI-xライブレポ2008 | 24CH△NNEL | CHERI E | ENDLI★RADIO cosmology | FUNKY SPACE SICKNESS | FUNK詩謡夏私乱 | King・KinKi Kids 2011-2012 | KinKi Kids Concert ~Thank you for15years~2012~2013 | KinKi Kids L Concert | KinKi Kids M Concert | KinKi Kids 乙 Concert | KinKi Kidのブンブブーン! | LOVE EVENT HIGHER | shamanippon ship | TSUYOSHI'S RADIO LOVE-DHA! | TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU | TU FUNK TUOR 2015 | We are KinKi Kids DOME CONCERT2016-2017 ~TSUYOSHI&YOU&KOICHI~ | We are KinKi Kids Live Tour 2016 | イチゲンさん | トーキョーライブ22時~ | ファッション・アクセサリ | プラトニック | ラッシュ舞台挨拶 | 世界遺産劇場 | 剛紫ライブレポ | 十人十色 | 堂本剛とFashion&Music Book | 堂本剛のやからね | 天魔さんがゆく | 小喜利の私 | 小喜利の私 2014 | 小喜利の私 2015 | 平安神宮 2011 | 平安神宮 2012 | 平安神宮LIVE | 平安神宮ライブ 2013 | 平安神宮ライブ 2014 | 平安神宮ライブ 2015 | 平安神宮ライブ 2016 | 新堂本兄弟観覧レポ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 正直しんどいレポ | 第1弾KiNKi youコンレポ | 第2弾KiNKi youコンレポ | 美我空 | 芸能・アイドル | 趣味 | 銀魂 | 音楽 | ENDLI お台場ライブレポ2007 | ENDLIライブレポ2006 | ENDLI仙台ライブレポ2007 | Harmony of Winter-iD-コンレポ | KinKi Jコンレポ | KinKiφコンレポ | KinKi10thイベントレポ | SHOCK(2006)レポ | SHOCK(2007)レポ | SHOCK(2008)レポ | SHOCK(2009)レポ | mirrorコンレポ

August 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ