Categories

LOVE EVENT HIGHER

June 26, 2007

“HIGHER”6/25レポ

6/25日のE☆Eのイベント“HIGHER”に参加して参りました。
5時過ぎから始まって約5時間に及ぶイベントでしたが
時間の経つのもすっかり忘れてしまうほど
最高に楽しかったです。
(これで\5900は安すぎる・・・と思う)
楽しそうなケリーの笑顔が目に焼きついていて
何だか1日経った今もまだホンワカとして幸せ気分♪
5時間分ということで
脳内ハードディスクの容量は完全に超えてますので(苦笑)
たぶん相当グダグダでしかも長い
思い出しレポになると思いますけども
雰囲気だけでもお楽しみいただければ幸いです(^^ゞ

【セットリスト】
1.これだけの日を跨いできたのだから
2.ENDLICHERI☆ENDLICHERI2
3.WHITE DRAGON
4.Take U 2 The Rainbow Star
5.美しくある為に
6.空が泣くから
7.イマジン
9. Sparkling(Member Call)
10.Love is the key.Let it shine.
11.Blue Berry(1Chorus)
12.脳
(MC)
13.Rainbow wing
(アンコール)
Chance Comes Knocking.

会場に入ると照明がレインボー仕様になっていて
ステージ下に設けられたDJブースでは
DJタケ(ギターの竹内さん)がプレイ中。
客席はドレスコードのレインボーに身を包んだ
オーディエンス達でとっても華やかな感じ。
やがて会場内も暗転し、ステージの幕に
E☆Eからのメッセージが流れます。(←筆記体)

そしてステージの幕の向こうにケリーが登場。
バンマスのピアノ伴奏だけで
しっとりと『これだけの日を~』を
静かに、魂を籠めて歌い上げます。
(いきなり凄すぎる歌声に涙が出ました)

『E☆E2』が流れる中、かなりクリエイティブな感じの
新しい映像が(←カッコいいです)映し出され
レインボーの照明に包まれながら
マザーシップからケリーがギターを抱えて登場★
本日のケリーは両サイドをソフトモヒカンっぽく刈り上げて
ちょっとリーゼント風にアレンジしたNEWヘアースタイル。
いつもとは違うタイトでシンプルな黒のスーツに黒のシャツ。
レインボーのスカーフをネクタイ風に結んで
紐のついたレインボーの布を斜め掛けにしてました。
ちょい悪な感じの髪形に、黒のスーツ、サングラスのケリーは
マジでヤバいくらいにカッコよくて男前!!!
(いつも男前ですが、今日は100倍増しで最強@)

『Take U 2 The Rainbow Star』のあと(?)に
ケリーが軽くMCをしてると
DJタケがお酒をひっかけながら登場。
若干(いやかなり?)すでに出来上がってる感じ( ̄▽ ̄;)
「分かった。分かったって!(笑)あとで(お酒)飲むから。
ちゃんとお仕事して!早く(笑)」とケリーに早々に
酔っ払いタケはDJブースに追いやられてました(^^ゞ
ケリーの話では、タケ(←ケリーの呼び方)は
ご飯を食べたあと、すぐに寝てしまうらしく
ある時寝ていたタケをそのままにしてお店を出て
そのお店の前で喋っている間にタケの存在を
すっかり忘れてたそう・・・(笑)
10分後くらいに忘れられてたタケが
「ちょっとふざけんなよ~#」と言いながら出てきた様子が
面白かったらしく思い出し笑いをしてました。
最初、ギターの師匠(つっちー?)に紹介されて挨拶した時は
紳士的だと思ったのに
こうして関わってみるとそうでもなかったらしい(笑)

それからステージ上でDJタケの音楽が流れる中
紫の△型のキャンバスにケリーが自らアートを描きます。
“HIGHER”とか“LOVE”という文字を
様々な色(七色?)でたくさん描いたあと
その書いたものを塗りこめるように、手で全部塗りつぶして
タオルを使って拭き取るようにして文字を描いていました。
あとでロビーに飾られていたのを見たら
その文字は“POWER OF LOVE”でした。

絵を描くために動くしなやかな手と
後姿の黒スーツでくびれたケリーの腰のラインに
もうウットリ(〃▽〃)

“ヘアーショー”とのコラボもあったんですが
ケリーも紫のアンプ(?)に座りながら
トップの部分をヘアアレンジされてリーゼントが
龍のたてがみのようになっていました。
アレンジ中は座りながら音楽にノッて
身体を揺らしたり、膝でドラムを叩くように
リズムを刻むケリーがとっても可愛かったです♪
あとケリーが黒いTシャツ姿でウォーキングするモデルさんを
1人ずつ呼びとめて、背中に1文字ずつ描いていきます。
やがて6人並ぶと“HIGHER”というアートな文字に。
モデルさんをエスコートする黒服ケリーが
めちゃめちゃカッコよくて男前!!(≧▽≦)
まるでパリコレのような雰囲気でしたね~。

そしてケリーからの紹介で東儀さんが登場。
剛くんから直筆の書でしたためた手紙をもらったそうで
「あの・・・決して綺麗とは言えない字なんだけれども(笑)
まさか剛くんからラブレターがくるとは思ってなくて
ビックリしたんだけど・・・。
(この手紙を)一目見た瞬間に真剣な想いが伝わって
一緒にやりたいと思いました。
1度番組で共演したからとか、そんな軽い気持ちじゃなく
この人本気なんだなって、見た瞬間にわかる手紙で
本当に音楽が好きで、僕のやっている楽器にも
すごく興味を 持ってくれているんだなって・・・。」
と東儀さん。

するとケリーが東儀さんとの不思議な“縁”の話を・・・
「最近色んなスピリチュアルな関係の方から
“聖徳太子”という言葉が出て不思議な気持になっていた。
でも考えたら僕は出席番号が12が多く
そういえば聖徳太子も官位12冠だったなぁ~とか・・・
こじつけかも知れないけどそういう不思議な事があって
そうしたら、東儀さんも
聖徳太子とは“縁”があられると聞いて。
僕が言っても説得力ないんで(笑)
東儀さんから話してもらってもいいですか?」とケリー。

東儀さんの先祖を辿ると・・・
聖徳太子に仕えていた方だったそう。
ある人がタンクの楽屋を見て(法隆寺の)“夢殿”に似てると
仰ってたそうで、東儀さんが実際に来てみたら
紫の布に覆われた六角堂(夢殿)によく似てて驚いたとか。
「剛くんは、聖徳大使の魂を持っていて
僕はその人に仕えた雅楽師の子孫だから
こうして1500年目にして出会った」と真剣に仰ってました。

他にも不思議な“縁”があって、ケリーが
横浜で頭上に龍のオブジェを掲げてライブしてた頃に
東儀さんも、同じく龍を掲げてライブをやってたそう。
現在、東儀さんは“鳳凰”を掲げてライブをしてるそうですが
ケリーは最近、鳳凰が模られた車を
丁度、カタログで見ていたらしいんです。
“龍と鳳凰”は“陰と陽”なので
ケリーが鳳凰が模られた車を買うと
「鳳凰に龍が乗ってることになるね」と東儀さん。
「それって宇宙を操作できるみたいなことですね?(笑)
鳳凰の車に乗った僕を見かけたら
「あっ!宇宙だ!」と思ってください」と
ケリーが言ってました(笑)
それからケリーは“龍神伝説がある場所”
(和歌山県 龍神村?)にも行ったそうです。

『美しくある為に』 『空が泣くから』
なんとなく想像はしていましたが
ケリーの曲にこれほど雅楽の音色が合うとは・・・。
篳篥や笙の厳かで澄んだ音色とケリーの声が溶け合って
光と共に天に昇っていくようでした。
まさに“魂が浄化される”・・・そんな感じです。
(本当にコラボCDもしくはイベントCD出そう?)

『イマジン』&BAG ONE
スクリーンにBAGONEの文字が映し出されて
ケリーが“BAG ONE”と書かれた白いバッグを持ち
顔の前まで高く掲げてステージ中央で立ちます。
<ちなみにBAGONEとは・・・
1969年にヨーコへのウエディング・ギフトとして
ジョンが描いた画集「BAG ONE」が始まり。
つまりそれは、世界平和を求める二人の請願の記録>

ケリーがスタッフさんに指示持って来てもらった
(ケリーの)パソコンケースの中から取り出して
(←ちなみにMacでした)
オノ・ヨーコさんからいただいた手紙を見せてくれました。
いつもはベッドの枕元に置いてあって
今日は見せようと思って持ってきたそうです。
『1人で見る夢は叶わなくても・・・
みんなで願い続ければきっと叶う。』
(こんな内容だったと思います)

ジョンとも不思議な“縁”があって
「ジョンが何かをあなたに伝えたがってる。
リボルバーを聴いてあげて」とスピリチュアルな方々から
ケリーはずっと言われてたらしいんですが
ビートルズもジョンもあまり聴いた事ないしなぁ~と
聴かずにそのままにしていたところ
3日連続で入った(違う)お店で
なぜか『リボルバー』が流れるということが続いて
「わっかたよ。聴くよ。」という気持ちになって聴いたそう。

シンプルな伴奏で歌う『イマジン』に
客席もみんな座って微動だにせず、聴き入っていました。
歌の最後に「Thank you ジョン・レノン」とケリー。
本当に素晴らしかったです。
きっと天国のジョンにも届いたはず・・・。

それから箭内さんも紹介されて登場。
「あれ?今日は派手じゃないですね。
いつもは電飾みたいに派手なんですよ」とケリーが言うと
すかさず「剛くんに言われたくないよ」と箭内さん(笑)
「金曜(22日)も出てくれって言われたけど
絶対ヤダって言って、後ろで見てたんだけど
ものすごく言いたいことがあって今日は出てきた。
このイベントすごい。
こんなイベントやるヤツ世界中でE☆Eしかいない。
で・・・やらた長いし。この後も長いし(笑)
みんな帰れなくなっちゃうんじゃない?
電車終わっちゃうんじゃない?大丈夫?

まずオノ・ヨーコさんの映像が
ものすごいクオリティ高いから!
すでに世界中で流れてる映像だと思ってる人が
いるかもしれないけど、あれはこのイベントのためだけに
オノさんが作って送ってくださった映像です。
それを言いたかった。
たまたま仕事で僕は繋がってたんだけどそれは偶然で
(オノさんを)僕が呼んだわけじゃないので。
“縁”っていうものを目に見えるものにしているなぁって。
“縁”を形にする堂本剛がすごい!」と箭内さん。

あと、とりあえず言っとけば実現するかも?ということで
ラジオで提案した「“April10”もやります」と
ケリーが宣言していました(笑)

『Blue Berry』
今日は曲の流れからギター無しで、ここだけ
サングラスをかけて歌うケリーのカッコよさに
しびれました(≧▽≦)
ステップとか・・・お腰様とか・・・凄すぎ!!

MCでは色んなことを話してくれたんですが
「僕は18歳の頃、死にたくて死にたくて仕方なかった。
気がつけばベランダに立っていたり・・・
刃物を手にしていたり・・・。
家族ですら信じられなくて遠ざけて嫌な思いをさせていた。
でも生きてて本当によかった。
今、俺、MAXで生きてる感じがしてます!」と
生き生きとした表情で力強く言ってくれたのが
1番印象的でした。
そしてこの言葉が聞けたことが何よりも1番嬉しかった。

アンコールのケリーコールが始まると、スクリーンに
“もう少し大きな声で お願いするでごじゃる”の文字が(笑)
会場一体となって大きな声になると
今度はスクリーンに“Higher”の文字が出て
「ハイヤー、チャチャチャ」と
すごい一体感のあるコールが巻き起こりました。

やがてイベントTシャツと
“CHERI”のロゴ入りの赤いジャージに着替えた
ケリーが出てくると“チユッパパパ”とキスの嵐♥(←昇天@)
ケリーも(ためた感じで)「っん~超~楽しかった~!!」と
本当に楽しそうで、こんな剛くんを見るのは
久しぶり・・・いや今までなかったかも?(^^ゞ

『CCK』はもうお祭り騒ぎのように
ケリーもオーディエンスもめちゃめちゃ盛り上がりました。
最後には身につけていたアクセサリーとか機材を全て外して
及川キーダさんに右の肩から右の足先まで
色んな色のペンキをかけられると
自分の右手で交じったペンキを
髪の毛と右の顔に塗りたくる ケリー。
床にその顔を付けたあと、“HIGHER”と
上下(1つは反転)に書かれた巨大なパネルに向かって
ジャンプして人間魚拓ならぬケリー拓★(←すごいジャンプ力)

ちなみに「これをやりたい!」と言ったところ
最初は「怪我するからダメ!」と却下 されたとか(^^ゞ
でもスタッフちゃんが
クッション性のあるパネルを作ってくれたそうで
実現したそうです。(←スタッフちゃん、ありがとう!)
(これ本当にステキなんでイベントDVDのジャケ写にどう?)

ケリー拓を終えたケリーがふと
「皆さんにお知らせです」と・・・。
え?何?と思ってみんなの注目が集まると
「髪に付けたペンキが固まって、ここ(耳の上)が
ウニみたいになってます(笑)」とケリー。
しかもペンキまみれな服は全部私物らしい(苦笑)
するとペンキまみれのケリーに
上ケンさんが自ら1番にハグを志願!!
(なんか1番目が上ケンさんというのが意外で嬉しかったです)
その次にバンマスで、あとで会場のコールで
ステージに上がった箭内さんも上着を脱いでケリーとハグ♪
上ケンさんはそのつもりだったのか白いシャツだったので
鮮やかにケリー色に染まってました★

ケリーが箭内さんとハグしたあと
「抱きついた人は、頭おかしい人です」と言うと
たくさんのオーディエンスが「私もハグして!」と挙手(笑)
(もちろん私も元気よく手を挙げました・・・笑)
すると「そのぬくもりは・・・大切な人のためにとっとけよ!」
と男前に言うケリー。
(←いや。あなたがその大切な人ですってば!笑)

それからケリーの先導で
「東儀さんに拍手~」から始まって
今回のイベントに携わって下さったすべての方を順番に
客席からもすごい拍手でした。
「福山さんに拍手~」の時にはケリーが福山さんの
モノマネで言って、「全然似てなかった 」と
自分でダメ出しをしてました。(けっこう似てたけど?)
「急な企画に休日返上してくれたスタッフさん達に~」では
オーディエンスも後ろを振り返って拍手。
箭内さんは1番後ろにいらしたんですけど
会場のコールでステージまできて下さいました。
ラストはケリーからの
「急な決定で、あんな告知だったにも関わらず
集まってくれたあなた達(客席)に拍手!」と
ねぎらいのお言葉があってとても嬉しかったです。

最後はマザーシップではなく
手を振りながら最後に深くお辞儀をして
ケリーはステージから去っていきました。
その表情には寂しさとかは無く
やりきって充実した笑顔が輝いていました。
そしてラストはDJタケと一緒に
万歳三唱ならぬ“HIGHER三唱”ですべて終了。

いやぁ~また剛くんに惚れたかも(^^ゞ←どんだけ?(笑)
今日までずっとファンをやってきてよかったと
堂本剛のファンでよかったと再確認。

たくさんの“LOVE”という雨で潤ったタンク②には
昨夜はきっと虹がかかっていたんじゃないかな?
ケリー、そしてE☆Eに携わったすべての方々
本当にお疲れ様でした。
またE☆Eの聖地に足を運べる日を楽しみに
1ミリでも“HIGHER”するべく
私も頑張りたいと思います。

そして・・・
@奈良遷都1300年祭(2010年)への出演
というケリーの夢の実現に向けて
そこはかとなくみんなで後押し出来たら・・・と
思っています。
(長いレポを読んで下さってありがとうございました)

         

その他のカテゴリー

244ENDLI-x 「WATERIZE」 | 244ENDLI-xライブレポ2008 | 24CH△NNEL | CHERI E | ENDLI★RADIO cosmology | FUNKY SPACE SICKNESS | FUNK詩謡夏私乱 | King・KinKi Kids 2011-2012 | KinKi Kids Concert ~Thank you for15years~2012~2013 | KinKi Kids L Concert | KinKi Kids M Concert | KinKi Kids party | KinKi Kids 乙 Concert | KinKi Kidのブンブブーン! | LOVE EVENT HIGHER | shamanippon ship | TSUYOSHI'S RADIO LOVE-DHA! | TU FUNK ALL STARS CON!CER-TU | TU FUNK TUOR 2015 | We are KinKi Kids DOME CONCERT2016-2017 ~TSUYOSHI&YOU&KOICHI~ | We are KinKi Kids Live Tour 2016 | イチゲンさん | トーキョーライブ22時~ | ファッション・アクセサリ | プラトニック | ラッシュ舞台挨拶 | 世界遺産劇場 | 剛紫ライブレポ | 十人十色 | 堂本剛とFashion&Music Book | 堂本剛のやからね | 天魔さんがゆく | 小喜利の私 | 小喜利の私 2014 | 小喜利の私 2015 | 小喜利の私 2017 | 平安神宮 2011 | 平安神宮 2012 | 平安神宮LIVE | 平安神宮LIVE2017 | 平安神宮ライブ 2013 | 平安神宮ライブ 2014 | 平安神宮ライブ 2015 | 平安神宮ライブ 2016 | 新堂本兄弟観覧レポ | 日記・コラム・つぶやき | 映画・テレビ | 書籍・雑誌 | 正直しんどいレポ | 第1弾KiNKi youコンレポ | 第2弾KiNKi youコンレポ | 美我空 | 芸能・アイドル | 趣味 | 銀魂 | 音楽 | ENDLI お台場ライブレポ2007 | ENDLIライブレポ2006 | ENDLI仙台ライブレポ2007 | Harmony of Winter-iD-コンレポ | KinKi Jコンレポ | KinKiφコンレポ | KinKi10thイベントレポ | SHOCK(2006)レポ | SHOCK(2007)レポ | SHOCK(2008)レポ | SHOCK(2009)レポ | mirrorコンレポ

December 2017
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ